ニュース
» 2014年05月14日 16時33分 公開

「Hot-Dog PRESS」、10年の沈黙を破りデジタルマガジンで復活

ドコモの「dマガジン」内での配信からスタートする。

[ねとらぼ]

 講談社は今年6月、2004年に休刊した雑誌「Hot-Dog PRESS」を、10年ぶりにデジタルで復刊する。まずはNTTドコモの新サービス「dマガジン」内での配信からスタートし、8月を目処にiOSのNewsstandでの配信スタートを予定している。

Hot-Dog PRESS

 1979年から2004年まで25年間にわたり、“ポテトボーイのためのライフスタイル”を発信してきた「Hot-Dog PRESS」のかつての読者のほとんどが「不惑」を過ぎたものの迷いっぱなしと気付いた編集部が、オヤジ向けに力を抜いた企画で再スタートをはかる。

 特集はスマートフォンの画面で約30〜40ページほど。特集ごとにミニ電子書籍としても販売する。雑誌で連載していた北方謙三氏の「試みの地平線」を再録して連載。創刊号から、各号の表紙も連載形式で配信する。新規連載としては、「いまさら人に聞けない“進撃の巨人”講座」や、最新のSNS系アプリの40オヤジらしい使い方がわかる連載などを予定している。

 「dマガジン」は、スマートフォンやタブレットを使って70誌以上の雑誌が月額400円で読み放題となるNTTドコモのサービス(6月以降提供予定)。なお、講談社から7月よりマイクロコンテンツ(ミニ電子書籍)シリーズ「byHot-Dog PRESS」の発売も予定している。

Hot-Dog PRESS

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声