ニュース
» 2014年05月19日 17時35分 公開

PC遠隔操作事件、片山被告との連絡取れない状態に 弁護士「無罪の考え揺るがない」

河川敷に被告が埋めたとみられる携帯電話からメールを送った痕跡が見つかったとの報道に、警察、検察は「河川敷のストーリーに賭けている」と語った。

[ねとらぼ]

 PC遠隔操作事件で起訴された片山祐輔被告が、連絡が取れなくなっていることを、佐藤博史弁護士が5月19日に明らかにした。

 被告は同日の会見に出席せず、佐藤弁護士のみが出席した。16日にメディアなどに送られた真犯人を名乗るメールについて、捜査当局は片山被告自身が送信したとの見方を強めているという。19日午前の報道によれば、メールが送られる前日に被告が東京・荒川の河川敷を訪れたのを捜査員に目撃され、被告が埋めたとみられる携帯電話からメールを送った痕跡が見つかったという。

 佐藤弁護士は午前中にこの件について片山被告と電話で話したが、その後連絡が取れなくなったと語った。東京地検が保釈取り消しの請求を検討しているとの話に、被告は動揺していたようだったと話した。

 捜査当局は問題のメールが真犯人からのものと認めているという。同弁護士はメールを書いたのは片山被告ではなく、今このようなメールを書く動機がないと語った。警察、検察は「河川敷のストーリーに賭けている」とも。

 被告が無罪という考えはまったく「揺るがない」と佐藤弁護士は語り、保釈が取り消しになったとしても「身柄を拘束されても恐れることはない。もう1回(真犯人から)メールが来たら終わりだ」と強い口調で述べた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」