ニュース
» 2014年05月21日 18時15分 公開

【塩湖潜入!】パラオ「ジェリーフィッシュレイク」をGoProで撮影してたら、クラゲが“ぐわんっ”と近づいてきた

クラゲ居すぎでびっくりした……。

[太田智美,ねとらぼ]

 パラオ共和国 マカラカル島にある「ジェリーフィッシュレイク」。この塩湖は、無数のクラゲが生息することで知られている。なんとこのクラゲたち、毒性が極めて低く、人間が触ってもほとんど害はないのだとか。手で触ってもダイジョウブ。

 早速GoProで撮影……と潜ったら、予想以上にすごかった!!


画像(ジェリーフィッシュレイク1) うひゃー! すごい数!!! クラゲすぎてもはや湖が黄色に見える

画像(ジェリーフィッシュレイク2) 下から撮ると幻想的

画像(ジェリーフィッシュレイク3) ここは本当に私たちの住む地球と同じ地球(ほし)なのだろうか……

画像(ジェリーフィッシュレイク4) 手で触ってもダイジョウブ

画像(ジェリーフィッシュレイク5) “ぐわんっ”アップで見るとちょっとグロテスク!?

 ちなみに、ここに住むクラゲは光合成のため時間帯によって湖を集団移動しているようだ。中には「レア」なクラゲも。多くのクラゲは頭に十字の模様を持っているが、「3本のベンツのマーク模様」「雪のマークのようなアスタリスク模様」「星形模様」のクラゲを見つけたらラッキーとのこと。


画像(ジェリーフィッシュレイク6) クラゲの頭の十字模様

 ジェリーフィッシュレイクは上下2つの層からできており、水深15メートル付近で酸素濃度がゼロになるため、下層では生物が全くいないそう。この塩湖は、約2300万年〜500万年前にできたもの。生物の往来がしにくく1万年近く天敵がいなかったため、ここのクラゲたちには毒性がほとんどないという。「ほとんど」というのは、皮が弱いくちびるにクラゲを当て、キスしてみると理解できるだろう。ピリピリとほんのわずかではあるが、クラゲが抵抗しているのが分かる。刺激的なキスを求める人にはたまらない(?)。

 それでは、最後にGoProで撮影したとっておきの動画をどうぞ。たくさんのクラゲがあたり一面を泳いでいる中、偶然“ぐわんっ”と近づいてくるクラゲ。クラゲの足の内側ってこうなっているのね。


Jellyfish Lake(GoPro)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む