ニュース
» 2014年05月22日 09時00分 公開

京急駅員は本当に「ダァシエリイェス!!」とアナウンスしているのか確かめてみた都市伝説?

あえて検証してみた。

[作倉瑞歩,ねとらぼ]

 東京と神奈川を結ぶ私鉄・京浜急行電鉄(京急)。そんな京急の駅員さんによる「ドア、閉まります」という音声案内が「ダァシエリイェス!!」と聞こえると、数年前からネット上でたびたびネタになっています。はたして本当にそう言ってるのでしょうか。

ダァシエリイェス 京急の新1000形(アルミ)

 そこで、今さらながらこのネタを検証しようと思います。名付けて「ダァシエリイェス!!検証実験〜実験ノートははぁとマーク」。とにかく駅に行って聞きまくるのです! まずはこちらからお聞きください。品川駅下りホームでのアナウンスです。

ドアが閉まりまーす

 女性の駅員さんの声で滑舌もよく、「ドアが閉まりまーす」って言ってますね。抑揚(よくよう)の付け方に特徴はありますが、普通……ですね。次いってみましょう。

ドアが閉まりまーす

 今度は男性の駅員さん。「ドアが、閉まりまーす」ってちゃんと聞こえますね。中川礼二さんがやる、いわゆる“鉄アナウンスネタ”のようなしゃべる駅員さんってもしかしていないんでしょうか。では、次、京急蒲田駅です。

ドアを〜閉めま〜す

 ちょっと聞き取りづらいですが、「ドアを〜閉めま〜す」と言ってます。無理矢理聞くと「ダーォシエァース」くらいには聞けなくもないですが、どちらかというとはっきり聞こえます。

 実は、京急のアナウンスは「ドアを閉めます」が多いんです。どちらかというと「ドアが閉まります」の方が少ない印象(あくまでも個人の感想ですが)。ちなみに品川などのターミナル以外の駅では、車掌さんがワイヤレスマイクでアナウンスをしています。では次。京急川崎です。

ドアを、閉めますっ

 「ドアを、閉めますっ」と強めに言ってますね。先ほどの京急蒲田と同じなのは、同じ列車に乗って移動したので、しゃべる車掌さんが一緒、ということでもあります。では次。横浜駅。

ドアが閉まりまーす

 これも聞きづらいのですが「ドアが閉まりまーす」のパターンです。うーん。こんなに普通のアナウンスを流すだけでいいのかこれ? めげずに次! 三崎口です。

ダーヲシエァース?

 お?「ダーヲシエァース」と聞こえなくもない。でも無理矢理か? いやでもこれなら何とか聞こえる? これは期待がもてそうです。上りの神奈川新町へ移動します。

シエァース?

 今度は「閉めます」だけです。でも「閉めまーす」じゃなくて「シエァース」って聞こえるっぽい? いいじゃないですか。最後は上り、京急蒲田へ!

ダーォシエァスゴチューイクアサイ

 「ダーォシエァスゴチューイクアサイ」って聞こえなくもない! いや聞こえる(のだろうかな)。もはや願望から幻聴が聞こえているのかもしれません。

 ここまで聞いてみたわけですが、駅でのアナウンスは昔より、ちゃんと滑舌よくアナウンスしている方が多くなったような印象を受けます。スタッフに女性が増えた影響もあるのでしょうか、女性は声が高くよく通るし、しゃべってる言葉も分かりやすい。少なくとも現代ではアナウンス教育をしっかりとしており、明瞭に聞き取りやすくしているようです。

 ちなみに京急の広報に問い合わせたところ、「どのように聞こえるのかはお客様の聞き取りようによって違いますので特にコメントいたしません。少なくともそうしゃべるようには教育しておりません」とのこと。ですよね。

 「ダァシエリイェス!!」は絶滅してしまったのか? もはやネットの中だけの都市伝説と化しているのかもしれません。もし、まだ大きくはっきり「ダァシエリイェス!!」とアナウンスをしている方がいるのであれば、情報をお待ちしたいと思います。



結論:「ダァシエリイェス!!」と聞こえるならそうなんだろう(※筆者は確認できず)




ダァシエリイェス 1500形

ダァシエリイェス 京急に乗り入れている都営地下鉄5300形

ダァシエリイェス 1500形と2100形

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声