ニュース
» 2014年06月05日 13時42分 公開

ソフトバンク「パーソナルロボ」披露 2015年2月に一般発売

お値段19万8000円。

[ねとらぼ]

 ソフトバンクは6月5日、ロボット事業への参入を発表した。世界初の感情を持ったロボットを目指す。

 その第1号となる「pepper」を紹介。2015年2月に19万8000円で発売する。人間の表情と声から感情を読み取れるほか、赤外線センサーで距離を測ったり、頭部のマイクによる音声の空間認識が可能。センサーを使った衝突防止機能などのセーフティー機能も備える。ロボアプリをインストールして機能を拡張できる。連続稼働時間は12時間以上。

 pepperを開発したのは仏Aldebaran Robotics。感情エンジンとクラウドAIを用い、集合知を活用して学習する。

 6日からソフトバンク銀座店・表参道店でpepperを展示する。アプリ開発者向けイベントも9月に開く。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.