ニュース
» 2014年06月05日 19時30分 公開

これが“ねっとり”した剃毛シーンか 映画に触発されて描かれた「スイートプールサイド」番外編掲載

押見氏が「別冊少年マガジン」7月号に描く。

[ねとらぼ]

 「惡の華」の漫画家・押見修造氏の初期傑作が実写化される。毛のない男の子と毛深い女の子の青春剃毛映画「スイートプールサイド」は、コラボしたスク水カフェなどでも話題となった。その映画に押見氏が触発されて描いた番外編が6月9日発売の「別冊少年マガジン」7月号に掲載される。

スイートプールサイド ねっとりをちょっとだけチラ見

 映画は「アフロ田中」や「自分の事ばかりで情けなくなるよ」などの監督・松居大悟氏が手がけたもので、6月14日から松竹メディア事業部配給で公開される。

 番外編は、夏休み中プールの更衣室で毛のない男子・太田が毛深い女子・後藤の毛を剃る様子が事細かに描かれる。「映画の描写のようにとにかくねっとり描きたかった」という押見氏。どう“ねっとり”描かれているのかはご自身の目で確かめていただきたい。

スイートプールサイド ポスターがこちら

(C)押見修造/講談社


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.