ニュース
» 2014年06月07日 13時00分 公開

東北大学准教授・森田氏の書籍がおかしい 難解な実証分析がこっち側だった件

肝心の中身が気になります。

[ねとらぼ]

 東北大学准教授の森田果氏が6月中旬に日本評論社より出版する「実証分析入門 データから『因果関係』を読み解く作法」の目次がおかしいと話題です。

 この書籍、「政策効果の評価などで注目を集める『因果関係』の推測方法を、数式に頼ることなく解説。実証分析の『作法』が身につく」内容となっているようですが、この時点では分かる人にしか分からない一見難解なものに思われがちです。ところが、日本評論社サイトに掲載されている書籍詳細の目次を見てみるとどこかで見たことがあるフレーズが並んでいます。

実証分析入門 書籍はこちら

 たとえば第2章の「実証分析の落とし穴」はいいとしてその副題には「こんなの絶対おかしいよ」とあり、第4章には同じく副題に「わたしの、最高の友達」、第9章には「ダミーも、交差も、あるんだよ」とあります。これってもしかしてあの魔法少女なアニメでは……? 

 まだまだあります。第7章には「お前はもう死んでいる」、第8章には「私が死んでも代わりはいるもの」、第11章には「こんなこともあろうかと」、第13章には「OLSとは違うのだよ、OLSとは!」、第15章には「坊やだからさ」、第16章には「あんなのただの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ」、第20章には「踏み台にした!?」、第21章では「なんでもは知らないわよ、知ってることだけ」と、世紀末救世主や機動戦士だったりクローン人間だったり羽川さんだったりの名ゼリフが並んでいます。これは完全に狙っていますね。

 第12章の「飛ばねぇ豚はただの豚だ」や第22章「3分間待ってやる」などジブリ成分もあります。中には「B’zよりPerfume」「劇的(?)ビフォーアフター」などもあり、アニメだけに固執しているわけではないようです。

 とりあえず著者の森田さんは、そっち方面にも明るいことがよく分かりました。一見難しそうな内容ですが、この副題のおかげで親しみやすくはなりました。ちなみに、最終章は「もう何も怖くない」と、まどか☆マギカで締めています。

実証分析入門 どこかで見たことがあるフレーズが並ぶサブタイトル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響