ニュース
» 2014年06月15日 15時30分 公開

日本VSコートジボワール戦、Twitterの関連ツイートは396万件 本田選手とドログバ選手が話題に

検索件数でも本田選手とドログバ選手が上位に。

[ねとらぼ]

 6月15日(日本時間)、FIFAワールドカップの日本対コートジボワール戦が行われた。日本は1-2で逆転負けとなったが、ネットでは応援の書き込みなどが盛り上がりを見せていた。

 Twitterによると、日本対コートジボワール戦に関するツイートは、試合開始1時間前から試合終了30分後までの間に、全世界で396万ツイートを記録。特にTPM(1分間あたりのツイート数)が多かったのは、コートジボワールが逆転したときの11万9726TPM、本田選手のゴールで日本が先制点を獲得したときの11万7900TPM、試合が終了し、日本がコートジボワールに敗れたときの5万5462TPMだった。

 Twitterで最も話題になった選手は本田圭佑選手とディディエ・ドログバ選手。特にドログバ選手は試合後も「ドログバさん」がTwitterのトレンドに登場するほど。

「ドログバさん」がトレンドに

 またGoogleによれば、試合中に国内で最も検索された選手は、前半は先制ゴールを決めた本田選手、後半はドログバ選手となった。ドログバ選手が投入されてから、同選手の検索件数が急上昇したという。

日本対コートジボワール戦、前半にもっとも検索された選手

  1. 本田圭佑
  2. 内田篤人
  3. 大迫勇也
本田選手(c)2014 Getty Images

日本対コートジボワール戦、後半にもっとも検索された選手

  1. ドログバ
  2. 内田篤人
  3. 本田圭佑
  4. 長谷部誠
  5. 遠藤保仁
  6. 吉田麻也
  7. ヤヤトゥーレ
  8. 柿谷
  9. 香川真司
  10. 大久保嘉人

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.