ニュース
» 2014年07月03日 14時40分 公開

7月からロボットがヒッチハイクでカナダ横断に挑戦 理由は「お金ないし免許もらえないから」

ん? 道端でだれか親指を立ててる……ってロボットぉぉぉぉ!?

[ねとらぼ]

 この夏カナダで、一体のロボットがヒッチハイクで大陸の横断に挑戦する。理由はお金がない上に、カナダではロボットに運転免許証を持つ権利がないからだという。ライアソン大学・Frauke Zellers博士とマックマスター大学・David Harris Smithさんらの共同研究プロジェクトが開発した、「hitchiBOT」というロボットだ。


画像 運転していたら、ロボットが「乗せてくれませんか」ってヒッチハイクしてきた

 hitchiBOTはカナダの東海岸のハリファックスから西海岸のビクトリアまでヒッチハイクする。運転手が持ち上げて車に乗せられるだけの軽さになるよう、バケツに軍手やブーツをつけたシンプルなつくりだ。親指を立てて腕を上下させる、いわゆるヒッチハイクのポーズを繰り返して乗せてもらえるようアピール。ちょっとした会話機能を駆使して旅を成功させる。


画像 hitchiBOT

画像 道端でヒッチハイクポーズをしてアピールする

 本体にはLED画面とマイク、カメラ、GPS、3GとWi-Fi回線を備えている。研究者の力を借りてしゃべれる上に、ひとりで複数の会話も可能。インタフェースにはソーシャルメディアAPIやウィキペディアAPIなどを使用。旅の途中でバッテリーが尽きないか心配だが、車のシガーソケットにプラグを差し込んで充電させてもらえるよう運転手に頼みこむ仕組みになっている。


画像 あなただったら乗せてあげる??

 このヒッチハイクは研究チームによるアートワークとソーシャルロボットの実験だ。人々はたいてい「人間がロボットを信じられるか」に興味を示すものだが、プロジェクトでは「ロボットは人間を信じられるか」について問うという。果たしてhitchBOTは人間に盗まれたり壊されたりすることなく、人間の助けを借りて、無事にカナダを横断できるのだろうか。

 hitchiBOTが旅立つのは7月27日。旅の経過はTwitter(@hitchBOT)や公式サイトで追うことができる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う
  10. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル