ニュース
» 2014年07月04日 10時00分 公開

“嫁”の立て看板と旅する海外のオタク男性が再び来日 今やロンドンのラブライバー海外オタク見聞録

「狼と香辛料」のホロの立て看板と旅していた男性が、再び日本へやってきました。ラブライブ!に夢中なようですよ。

[松岡洋,ねとらぼ]

 ロンドン在住の友人からこんな写真が届きました。

 街中で「ラブライブ!」Tシャツを着てたたずむ男性。ロンドンのシックな街並みとポップな色使いのTシャツがとてもマッチ……してないですね。

 写真の主は以前紹介した、「狼と香辛料」の賢狼ホロの立て看板と世界を旅する「プロジェクト・ホロ」を展開していたファブリス・レクインさん。ホロではなく、ラブライブ!――?

ホロと旅していたころのファブリスさん

ホロとの旅、完結

 今からさかのぼること2カ月前のゴールデンウィーク、ファブリスさんから来日の知らせを受けて会うことになりました。1年半ぶりの再会で、気になっていたプロジェクト・ホロについて聞いてみました。

 2011年9月、「ホロに現実の世界で旅をさせてあげよう」とアジアから始めたホロとの旅は、その後ヨーロッパ、北アフリカで計10カ国を巡りましたが、資金も尽きたため旅行はこれで終わり。現在撮りためた写真などを記事にまとめてプロジェクトも近々終了するとのことです。

 秋葉原で待ち合わせた時、「ラブライブ!ってすごいよね、どこに行っても広告とかあるし」とラブライブ!のことがとても気になっている様子。これまでアニメ配信サイト「クランチロール」で配信されているのを見ていたそうです。ちょうど放送していたときに「今テレビでやってるから東京MXをつけて」と伝えると、テレビでリアルタイムに見るラブライブ!に大興奮、翌日は早速神田明神に聖地巡礼していました。

 2週間以上の滞在のため、買い物も帰国直前まで控えて節約すると語っていたファブリスさんですが、ア二メイトのラブライブ!コーナーを案内した翌日、「もう我慢できない、(西木野)真姫ちゃんのグッズ、もっとないんですか?」などと、堰(せき)を切ったように買い物を始めてしまいました。そして、冒頭の写真のように“ロンドンのラブライバー”が誕生したというわけです。ファブリスさんが真姫の立て看板と世界を旅する「プロジェクト・マキ」を立ち上げる日がそのうち来るかもしれませんね!

 そんなラブライブ!に夢中のファブリスさんが、出身地・シンガポールのオタク事情について話してくれました。

シンガポールのオタク事情

 シンガポールでは、Anime Festival Asiaが毎年盛大に開催されており、また近隣のインドネシア・ジャカルタではHATSUNE MIKU EXPOが開催されるなど、この地域では日本のコンテンツの人気が非常に高くなっています。

 ファブリスさんによれば、シンガポールは狭い地域に人口が集中した都市国家のため、AFAのようなイベントの開催も活発で、近隣のマレーシアやインドネシアからの参加者も多いとのことです。AFAでもコンテンツの人気に日本との時差は無く、「進撃の巨人」や「艦隊これくしょん」が大変な人気となっており、コスプレも調査兵団と艦娘が激増しているそうです。

 近隣のマレーシアやインドネシアなども含め、この地域の経済成長に伴って娯楽の需要が高まっており、日本で大量に生産されているアニメを始めとするコンテンツが受け入れられているのも、自然な成り行きなのです。

 これを雄弁に物語っているのが日本政府観光局の訪日客統計で、先月発表された5月度の統計では、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナムからの観光客が軒並み前年比40%増を超えており、秋葉原でもこれらの地域からの観光客の姿が多く見られるようになりました。

 この傾向は2020年の東京オリンピックまで続くと思われ、オリンピック開催期間に秋葉原が世界中からやってきた仲間でうめつくされるのを想像すると胸熱ですね。

日本人より海外のオタクのほうが詳しいかも?

 海外のオタクたちにとって私たち日本人は“本場の人”なので、仲良くなると情報に飢えている彼らから質問攻めにされます。ファブリスさんからはアニメ制作に関してさまざまなことを質問され、例えば製作委員会がどのように運営されているのか、回収した収益の配分など、外国語の語彙(ごい)の乏しさもあって答えに窮することもしばしばでした。

 場合によっては彼らのほうが詳しいこともあり、「このアニメを見ていないの? なぜ? 日本人でしょ?」と問い詰められたことも1度や2度ではありません。

 アニメが好きすぎてわざわざ遠い日本までやって来る人たちなので、このような逆転状態になるのです。今回はファブリスさんがロンドン在住なので、ロンドンを訪れたシャーロキアン(シャーロック・ホームズの熱狂的ファン)に例えて説明を試みました。

「ご注文はうさぎですか?」コラボカフェにて

―― 私がベーカー街に住んでいるとしましょう。

ファブリスさん シャーロック・ホームズのいる街ですね。

―― そこに日本からシャーロキアンがやって来ました。

ファブリスさん 今の私が、ベーカー街を訪れたシャーロキアンと言う意味ですね。

―― ベーカー街に住んでいる私にシャーロキアンが色々と質問しますが、シャーロキアンのほうが詳しいので、満足に答えられないこともあります。

ファブリスさん それが今の状況というのはよく分かりますww

―― 今の私の立場を分かってもらえてうれしいです。

ファブリスさん で、「傷物語」の制作状況がどうなってるのか教えてもらえますか?

―― だからぁ、ロンドンっ子にシャーロック・ホームズの新シリーズの制作状況を聞いたとします……

 国際連盟事務次長だった新渡戸稲造氏が、欧米の外交官たちの質問に答えるために「武士道」を執筆した気持ちが私にもよく理解できました。そして、今こそ第2の「武士道」が求められているのではないかと思うのです。クール・ジャパン戦略のかなめとして。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響