ニュース
» 2014年07月07日 15時37分 公開

“スター・ウォーズ新作の撮影風景”がYouTubeに どう見てもフェイクだけどハイクオリティ

フランクフルト空港が銀河帝国の基地に?

[ねとらぼ]

 2015年冬公開予定の映画「スター・ウォーズ:エピソード7」の撮影風景を捉えたとする動画がYouTubeに投稿され、掲示板サイト「Reddit」などで話題になっています。十中八九フェイク映像だと思われますが、けっこうハイクオリティです。

インペリアル・シャトル!
AT-ATも動いてる
ストームトルーパー(白い兵士)
デス・スター

 動画は約1分。映っているのは、スター・ウォーズシリーズに登場する乗り物や兵士の姿です。まず、飛び込んでくるのは3つの翼が特徴のインペリアル・シャトル。ばっちり空を飛んでいます。次に、カメラが敷地内に切り替わると、多数のインペリアル・シャトルに加え、地上部隊の主力兵器「AT-AT」が登場。4本足でのしのし歩行しています。白い兵士ことストームトルーパーもちょっとだけ映っています。最後は、離陸したインペリアル・シャトルがデス・スターを背後に飛び立つカットで締めていました。

 投稿主によると、こちらの映像はフランクフルト空港で撮影したそうで、「新エピソードではドイツ最大の空港が銀河帝国の重要な基地となっているようだ。ちょうど現場に帝国軍がいた」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.