ニュース
» 2014年07月08日 13時47分 公開

ゴジラ60年の軌跡を一挙公開 渋谷ヒカリエで「G博 ゴジラ東京に現る」開催

ハリウッド版新作「GODZILLA」を紹介する展示ゾーンも。

[ねとらぼ]

 ハリウッド版の新作映画「GOZZILA ゴジラ」の日本公開を記念して7月20日から東京・渋谷ヒカリエで「G博 ゴジラ東京に現る」が開催される。主催は夕刊フジ。

 「ゴジラ60年の軌跡を一挙公開」を掲げるG博は、ハリウッド版新作「GOZZILA」を紹介する「新作ゾーン」と「アーカイブゾーン」「原画ゾーン」で構成されている。

 「新作ゾーン」では米国で生まれ変わった現代版ゴジラの像(約2メートル)や、「イシロー・セリザワ博士」役で出演した渡辺謙さんらが撮影で使った衣装や小物を展示する。さらに場面設定の絵コンテや、作品に登場する兵器についての説明など、ハリウッドから運ばれた貴重な品々が並ぶ。

 1954年の「ゴジラ」第1作に関連する展示を行う「アーカイブゾーン」ではゴジラを倒した兵器「オキシジェン・デストロイヤー」を公開する。ゴジラの東京破壊シーンを再現したジオラマなども展示するのに加え、第2作以降に登場してゴジラと戦った怪獣たちの写真やデータ、関係者所有の台本などを集めた。

 原画ゾーンは、世界的イラストレーターである生頼範義さんが描き続けてきた平成ゴジラシリーズのポスター原画のほか、「怪獣絵師」と呼ばれる開田裕治さんの迫力あるイラスト原画を展示する。また、ゴジラを愛する有名イラストレーターが描いたトリビュート・イラストも公開する。

 開催場所は「渋谷ヒカリエ 9階ヒカリエホール ホールB」。会期は7月20〜29日。開催時間は午前10時〜午後8時30分(入場は閉館の30分前まで)。チケットは一般1000円(前売り800円)、大学生・高校生800円(前売り600円)、中学生以下は無料。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー