ニュース
» 2014年07月08日 21時19分 公開

プロ棋士の裸が透けて見えるだと! 愛され囲碁ガールのための雑誌「碁的」の妄想対局がすごい

もしテレビに映っているプロ棋士(男性)の服が透けて肌が見えたら→実現しました。

[ねとらぼ]

 もしテレビに映っているプロ棋士(男性)の服が透けて肌が見えたら――囲碁のフリーペーパー「碁的−GOTEKI」が企画した「妄想対局」が話題になっています。

画像
画像

 写っているのは、対局中の棋士と記録係、計4人の男性の姿。皆スーツに身を包んでいて、テレビ中継の1コマを思わせる構図ですが、驚くべきことに服の一部が破れています。この手法は、2006年に講談社の雑誌「KING」が生み出したもので、妄想を撮影することから「妄撮」と名付けられ、グラビア革命などと称えられました。そして時代が進み2014年になると、どういう理由かこれに囲碁のプロ棋士が挑戦していました。

 企画したのは、囲碁雑誌の「碁的」。ボランティアが作成するフリーペーパーとして2008年の創刊以来、不定期に発行しています。公式サイトに掲げているフレーズ「オンナの知的好奇心を刺激する」が示すように、毎号かなり攻めている(リンク先でPDF版を公開中)のが特徴で、表紙もファッション誌を彷彿とさせるデザインです。


画像画像 いろいろ攻めてるし、小悪魔囲碁ガールもいるし

 7月1日に配布が始まった第6号では、この路線をさらに強化し、「タイプ別囲碁メン」「(極限状態で真剣勝負を行う)エクストリーム碁」「小悪魔囲碁ガール」など、尖った特集が満載でした。その一角を占める「妄想対局」について、同編集部に企画意図を尋ねると「インパクトを重視した」とのこと。

 アイデア自体は数年前からあったそうですが、これまでは依頼しても断られるなど道程は険しく、今回ようやく協力者を得て実現したそうです。詳しい制作秘話については、発行記念イベント(7月12日)やEテレ「囲碁フォーカス」(8月3日放送)で明らかになる予定です。

 なお、同誌は全国のゆうちょ銀行直営店、棋院などで配布中です。また、バックナンバーをPDFで全ページ配布しているように、第6号についても9月頃にPDF版を公開するとしていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む