ニュース
» 2014年07月08日 21時19分 公開

プロ棋士の裸が透けて見えるだと! 愛され囲碁ガールのための雑誌「碁的」の妄想対局がすごい

もしテレビに映っているプロ棋士(男性)の服が透けて肌が見えたら→実現しました。

[ねとらぼ]

 もしテレビに映っているプロ棋士(男性)の服が透けて肌が見えたら――囲碁のフリーペーパー「碁的−GOTEKI」が企画した「妄想対局」が話題になっています。

画像
画像

 写っているのは、対局中の棋士と記録係、計4人の男性の姿。皆スーツに身を包んでいて、テレビ中継の1コマを思わせる構図ですが、驚くべきことに服の一部が破れています。この手法は、2006年に講談社の雑誌「KING」が生み出したもので、妄想を撮影することから「妄撮」と名付けられ、グラビア革命などと称えられました。そして時代が進み2014年になると、どういう理由かこれに囲碁のプロ棋士が挑戦していました。

 企画したのは、囲碁雑誌の「碁的」。ボランティアが作成するフリーペーパーとして2008年の創刊以来、不定期に発行しています。公式サイトに掲げているフレーズ「オンナの知的好奇心を刺激する」が示すように、毎号かなり攻めている(リンク先でPDF版を公開中)のが特徴で、表紙もファッション誌を彷彿とさせるデザインです。


画像画像 いろいろ攻めてるし、小悪魔囲碁ガールもいるし

 7月1日に配布が始まった第6号では、この路線をさらに強化し、「タイプ別囲碁メン」「(極限状態で真剣勝負を行う)エクストリーム碁」「小悪魔囲碁ガール」など、尖った特集が満載でした。その一角を占める「妄想対局」について、同編集部に企画意図を尋ねると「インパクトを重視した」とのこと。

 アイデア自体は数年前からあったそうですが、これまでは依頼しても断られるなど道程は険しく、今回ようやく協力者を得て実現したそうです。詳しい制作秘話については、発行記念イベント(7月12日)やEテレ「囲碁フォーカス」(8月3日放送)で明らかになる予定です。

 なお、同誌は全国のゆうちょ銀行直営店、棋院などで配布中です。また、バックナンバーをPDFで全ページ配布しているように、第6号についても9月頃にPDF版を公開するとしていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」