ニュース
» 2014年07月15日 16時36分 公開

雑誌連載終了→作者が独自にWeb連載の漫画「あにめたまえ!」 単行本の一般予約開始同人流通を使ったインディーズ出版!?

商業誌連載→Web連載→インディーズ流通という特異な道のり。

[ねとらぼ]

 雑誌連載終了した漫画を、作者が自身のWebサイトでの無料連載に切り替えたことで話題になった「あにめたまえ! 天声の巫女」(Rebisさん)の単行本第1巻・特装版一般予約が始まりました

 単行本は1000円。ミニノベライズ・特典同人誌・資料小冊子がついた限定版セットは2400円となっています。

 同作は、美少女声優ユニットが「天声の巫女」として妖怪娘と戦うという萌え&百合要素たっぷりの作品。漫画誌「月刊コンプエース」で連載していましたが、担当編集者との方針不一致により雑誌での連載を2013年4月号で終了し、Rebisさんが独自にWebで連載してきました。その後は単行本化のためクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で資金支援を募り、目標を見事クリアしています。

 それに加えて、このたびの単行本第1巻の流通方法も特殊です。頒布場所が「コミックマーケット86」3日目のほか、同人誌を取り扱う漫画専門書店のメロンブックスやとらのあな、そしてAmazonのみで購入することができる漫画……これはもしかして同人誌なのでは……?

 このような流通手法を選択した「あにめたまえ!」をRebisさんは自ら「同人流通を使ったインディーズ出版です!」と明言しています。Rebisさんはブログで、「同人流通」を選んだ理由について、個人で法人を立てISBN(国際標準図書番号)を取り、取次と取引できるよう努力していたら金銭的にも仕事的にもつぶれてしまうだろうということ、「Nitroplus Books」や「TYPE-MOON BOOKS」のようなインディーズ流通からスタートし、出版社のインフラと提携して、メジャー流通に移行する出版の形態をとるジャンルが登場したことを挙げています。

 さらにRebisさんは「二次創作同人誌をめぐる状況が変わりゆく中、同人流通を使ったオリジナルタイトルが育っていくことで、オリジナル同人誌の未来も拓けていくかも……なんてことも思う次第です」という希望も抱いているようです。

 商業誌連載からクラウドファンディング、そしてインディーズ流通という特異な道のりを経た「あにめたまえ!」。その挑戦と行方から今後も目が離せません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」