ニュース
» 2014年07月17日 11時17分 公開

もしもディズニー映画の悪役に子孫がいたら……そんなコメディ作品が日本初放送 マレフィセントの娘らが登場

悪役の子どもはやっぱり悪役なの? 前代未聞のコメディ作品!

[ねとらぼ]

 ディズニー名作映画に登場する悪役の子どもたちが主人公となったディズニー・チャンネル・オリジナルムービー最新作「Descendants」(原題)を、2015年にディズニー・チャンネルで日本独占初放送することが決定した。

画像 (c)Disney  左上:ジェイ、左下:マル、右上:カルロス、右下:エビー

 「Descendants」は「もしディズニー・キャラクターに子孫がいて、彼らが10代だったら?」という斬新な発想から生まれたコメディ作品。主人公は、「マレフィセント」の一人娘・マル。また悪役の子どもたちとしては「アラジン」からジャファーの息子・ジェイや「白雪姫」の邪悪な女王の娘・エビー、「101匹わんちゃん」よりクルエラ・デ・ヴィルの息子・カルロスが登場する。

 ディズニー・キャラクターの子孫はその他にも「美女と野獣」の息子・ベンや「シンデレラ」の息子・チャド、「白雪姫」よりフェアリー・ゴッドマザーの娘・ジェーン、「眠れる森の美女」からはオーロラ姫の娘・オードリー、「ムーラン」の娘・ロニーらが登場する予定となっている。

 物語は“悪役の子どもたち”がベンやチャドらと同じ学校に通うことを許されるところから始まるという。悪役の子どもはやはり悪役なのか……? ディズニー・ヴィランズのファンならずとも大注目の作品となりそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10