ニュース
» 2014年07月17日 18時05分 公開

今年はアラジン! ディズニーの目隠しフルコースで風を感じてきたようこそ、イマジネーションの世界旅行へ

ジーニーのトークライブ+目隠し+フルコース=?

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]
ディズニー 今年も登場、マジカルシェフが世界の料理を届けます

 東京ディズニーランドホテルに「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」が帰ってきました。これは「目隠し」をして楽しむ、ちょっと変わった晩さん会です。

 2013年夏、2014年冬は「美女と野獣」をテーマに、陽気なルミエールが登場しましたが、2014年夏は新たに「アラジン」の世界観で開催されます。今回も「魔法のアイマスク」を外さないことが、この世界を楽しむたったひとつの条件です。魔法のクロッシュを持つマジカルシェフとともに、フルコースの料理で一足先に「世界一周」してきましたよ!


「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」イメージムービー

どうせこの前と一緒でしょ? と思ったら……

 実は私、前回の「美女と野獣」のときは2回も体験して、今回はさすがにもういいかなあ、なんて思っていました。しかし今回は「アラジン」。ジーニーがあっと驚くような魔法をかけるので、メニュー・演出ともに前回以上の驚きが待っていました。ここで詳細が書けないのが惜しい!

ディズニー 今年も「魔法のアイマスク」が参加の条件

 魔法のアイマスクで目隠ししてのフルコースは、視覚以外の感覚を研ぎ澄まして楽しむことになります。まずは、東京ディズニーランドホテル内にある宴会場「シンデレラドリーム」の外で待機します。ここはディズニーのファンでもなかなか入ることができない場所なのですが、残念ながら最初から最後までこの部屋の内装を見ることはありません。魔法が解けちゃいますからね。

 ホテルキャストに手を引かれて会場内に入ると、ふわっとした香りが! 視覚がシャットアウトされている分、ほかの感覚が研ぎ澄まされるのでしょう。

ディズニー 手を引いてもらい移動

 ホテルのキャストに手を引かれ、会場内へ。今回は退場まで魔法のアイマスク着用が必須、隣に誰がいたのかすら最後まで分かりません。

 記事で紹介できるのは、コース料理の最初の一品「アミューズ」のみ。当然、目隠しした状態で出てくるので、触って確かめるしかありません。最初の料理は、ちょっと触っただけで「アレだ!」と思えるような器で登場します。

 そこにジーニーがちょっとした魔法をかけてしまいます。すると、想像を超えた、あることが起きてしまいます。その答えは、ここでは書けません!

ディズニー 一品目の器。参加予定の人は見ちゃだめ!(クリックするとモザイクが外れます)

 その後も前菜、スープ、メイン、デザート……と、フルコースの料理が次々登場します。今回のコースは、世界各地のおいしい料理が登場し、さながら世界一周を楽しむような構成。まるで、映画内で流れた「ホール・ニュー・ワールド」を再現するようですね。

 飲んでも飲んでも減らない魔法のドリンクも健在。あっと驚くような登場の仕方をする料理もあります。しかも、食べている最中にも魔法がかかるというのが驚き。手で触ったときに「あ、この形はアレだ!」と思っても、食べてみるまで分かりませんし、ひとくち目とふたくち目が同じ味とも限らない……そんな不思議な魔法のフルコースが楽しめます。

 そんな魔法を次々と披露するのは、もちろんジーニーです。映画と一緒でマシンガントークを繰り広げるさまは、さながらトークショー。ディズニーでしかできないイベントに仕上がっていますよ。

ディズニー 今年もイメージ画像をお楽しみください。今回は目隠しの状況で、ジーニーのトークを楽しめます。ジーニーの声と言えば……


 アラジンをテーマにした「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」は7月20〜24日、8月13〜17日、23〜27日にそれぞれ2〜3回ずつ開催します。オリジナルグッズのプレゼントもあり、チケットは1万3000円で発売中。大体2時間で、食の世界一周が楽しめます。

 まだチケットは若干残っているようですので、今年の夏は涼しい場所で、優雅なフルコース(ただし目隠し)を楽しんでみてはいかがでしょうか。ジーニーたちのトークが激しすぎて、落ち着かないかもしれませんけどね。

ディズニー オリジナルグッズはロゴ入りのグラス!

ディズニー 会場となる東京ディズニーランドホテル

ディズニー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」