ニュース
» 2014年07月20日 13時29分 公開

目玉のおやじみたいなファミリーロボット「JIBO(ジーボ)」がかわいい

クラウドファンディングで資金調達中。

[ねとらぼ]

 クラウドファンディングサイト「indiegogo」で、ちょっと変わったファミリーロボットのプロジェクトが注目を集めています。

 ロボットの名前は「JIBO(ジーボ)」。このジーボくん、画像で見ると目玉のおやじみたいですが、とにかく動きやしぐさがカワイイ! まずは動画をご覧ください。



 どうですか、かわいくないですか!? くねくねと首をひねって目をパチクリする感じがたまりませんよね。

 ジーボくんにはカメラや音声認識機能が付いていて、家族の顔や声を認識、さまざまな会話ができるのだそう。ほかにも日常の風景を自動で撮影してくれたり、スケジュールやメールの確認なんかもできたりするみたい。開発者向けのソフトウェア開発キットも提供されるため、今後もっともっとできることは増えていきそうです。


画像

画像

画像

画像

画像

 当初の目標支援額は10万ドルでしたが、残り27日時点ですでに目標の8倍近くにあたる79万ドルを調達しており、すでに製品化は決定。今なら499ドルの支援で、一般リリースよりも一足早く「JIBO Home Edition」を手に入れることが可能となっています。支援者への送付は2015年のホリデーシーズンごろを予定、一般向けリリースは2016年とのことです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐