ニュース
» 2014年07月24日 12時55分 公開

嫁が動く未来キタァ!!! AIBO開発者の企業が“萌えフィギュアのロボット骨格”を開発しててヤバい

21世紀の勝利!!!!!!!!

[ねとらぼ]

 まじかまじかまじか!!! みんな、もうすぐ嫁が動くぞ!!!!!!

 犬型ロボット「AIBO」の開発に関わった春日知昭さんの会社、スピーシーズが、萌えフィギュアへの応用を前提にした電動ロボット素体「MF201」を開発しました。特徴は、フィギュアの関節をワイヤーで駆動する「Motion Figure System」。これにより、萌えフィギュアのスリムなボディラインを損なわずに電動化できるそうです。台座に制御基板を搭載し、PCやタブレット端末から無線でピポパとフィギュアを動かしたりできるみたいです。

 うおー! すごそう!! これからの嫁はボタン1つでポージング! プンプン怒るのも、モジモジ恥ずかしがるのも全 自 動!! 父さん母さん、ぼくらの嫁は21世紀、新しい夜明けを迎えます──てなワケでさっそくどんなもんか見てみると……!


photo !?
photo !!?
photo !!!?
photo !!!!?

 ぜ、ぜ、全然カワイくねぇぇええええええ!!!!!!! けど落ち着け!!!! MF201はあくまでも「素体」! あるいは「骨格」!! この上にかわいらしいボディを肉付けすることを前提としているのです。さあ、紳士諸君、心の目を開こう。これは「先行者」じゃない。中国のアレでは断じてない。このボディに、心の目で自分の嫁のシルエットを重ねてみよう…………どうだろう、新しい夜明けが見えてきましたか?

 この素体、サーボモーターなどの重量がかさむ部品はフィギュア部にはなく、台座側からワイヤーを動かすことでフィギュアを静かに駆動できるんだとか。全長は25センチ程度となっていますが、その気になれば人間サイズのフィギュアだって作れるそうです。骨格の形状や関節数なども柔軟に変更できるようですよ。

 同社では動くフィギュアの市販化に向けたパートナーを探しており、7月27日開催の「ワンダーフェスティバル 2014(夏)」では、おなじみグッドスマイルカンパニーのブースにて実物を展示する予定です。

 ちなみに、もし市販化した場合は、量産数により変動するものの5万円〜10万円の価格帯を見込んでいるそうです。うん、安い買い物ではないけど、買えなくもない……!!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた