ニュース
» 2014年07月31日 18時52分 公開

公的機関をかたり個人情報削除を持ちかける詐欺に注意

ダマされてはいけない。

[ねとらぼ]

 公的機関の職員から「個人情報を削除します」と連絡があり、質問に答えたら次々に電話がかかってくる――。国民生活センターが、公的機関をかたり個人情報の削除を持ちかける詐欺について注意を呼びかけている。

国民生活センター

 2012年度以降2014年6月末までに寄せられた相談件数は1347件で、2013年度から急増しているんだとか。詐欺にあうのは8割強が60歳以上で女性が8割を超えている。詐欺だと気付かず、お金をだまし取られた場合もあるそうだ。

 複数の業者が役回りを分担して消費者をだまそうとする「劇場型勧誘」も多くみられるとのこと。消費生活センターや国民生活センターなどの公的機関が「個人情報を削除してあげる」などと電話をすることは絶対になく、そのような電話がかかってきたら相手にせずに電話を切り、すぐに消費生活センターなどに相談してほしい。

国民生活センター

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」
  10. /nl/articles/2010/22/news072.jpg 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」