ニュース
» 2014年08月01日 16時03分 公開

ネロとパトラッシュが悪の手先に……そこへバカボン一家が!!! 映画「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜」2015年公開

え? え? え???? これでいいのだ?

[ねとらぼ]

 「秘密結社 鷹の爪」などで知られるディー・エル・イーは8月1日、赤塚不二夫さんの生誕80周年記念企画として、「天才バカボン」初の長編アニメ映画「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜」を2015年に公開すると発表しました。なぜか「フランダースの犬」とコラボしており、特報映像がすでにまったくわけがわからない展開となっています。こんな邪悪なネロとパトラッシュ見たことないぜ……。

 物語は日本中に感動を呼んだあのフランダースの犬のラストシーンから始まります。ネロとパトラッシュが天使にいざなわれて天国へ行くのかな……? と思ったら、残念でした!!! なんと天使の手を振りほどき、悪の手先となって現代に蘇りました。いままで自分を虐げてきた人間への復讐の鬼となり悪事を繰り返すネロとパトラッシュ。これはやばいぞ。しかし俺たちにはバカボンがついてる! バカボン一家が変わらないバカさを武器に悪に挑みます。

画像

 バカボンの名物キャラたちも多数登場する予定で「感動? のラストにはあの人までも登場」となにやら超豪華な顔ぶれの予感。「今作を通してバカボン一家の姿から、思いやりの大切さ、人間としての本当の“賢さ”とは何か、そしてお馴染の“これでいいのだ!”のフレーズで現代社会を痛烈に皮肉りながら子供から大人まで楽しめる現代版『バカボン』を見事に描いていく」と同社は意気込んでいます。

 ちなみに明日8月2日は赤塚不二夫さん没後7回忌です。

  • 監督・脚本:FROGMAN
  • 声優:FROGMAN、他
  • 制作:DLE
  • 制作協力:フジオプロ、ぴえろ、日本アニメーション
  • 製作:天才バカヴォン製作委員会
  • 配給:ティ・ジョイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む