ニュース
» 2014年08月04日 14時45分 公開

全国のメロンパンをパクッ 「メロンパンフェスティバル」東京で開催

本物のようなフェイクメロンパンを製作するワークショップも。

[ねとらぼ]

 全国各地のメロンパンを一堂に集めて販売するイベント「メロンパンフェスティバル 2014」が、8月9日正午〜午後5時に東京都豊島区「co-ba ROYAL ANNEX」で開催される。メロンパン関連のワークショップなども行われる予定だ。

画像 全国のメロンパンをサクサクパクパクできるぞー!

 会場では各地から集まる10店舗(8月4日時点)のメロンパンを1個から購入できる。ラインアップは、東京都板橋区「HIGU BAGEL&CAFE」によるベーグル生地にクッキー生地をのせて焼き上げたメロンパンや、熊本県荒尾市「ふくやまベーカリー」の1日5000個売れる人気商品、京都府京都市「大正製パン所」の西日本一部地域でしか食べられない白あん入りなどさまざま。全出店舗は公式サイトで見られる。

画像 熊本・荒尾の人気メロンパンもはるばるやってくる

 ワークショップでは、スイーツデコ粘土教室の講師・清水のりこさんを招いて、本物のようなフェイクメロンパンを製作する。参加人数は限定10人・先着順で、申し込みをネットで受け付けている。参加費用は1000円。

 またほかにもコンゴ人音楽家Tabu Ngongoさんのミュージック&トークライブという、メロンパンフェスティバルとしては変わった催しもある。実はもともとこのイベントは、主催者の専修大学法学3年生・平井萌さんがコンゴ共和国の現状を世間に知ってもらいたいという願いを、大好きなメロンパンに結びつけてスタートさせたイベントだ。

 メロンパンを食べれば自然と社会貢献できるイベントとして、フェス開催の資金を4月からクラウドファンディングサイト「SHOOTING STAR」で募集。目標20万円に対し約26万円が集まり開催が実現した。実際にメロンパンフェスでは収益の経費を除いた全額が、「英治出版みらい基金」を通じてコンゴで30年以上医療活動する日本人女性・石田勝子さんへ寄付される。

画像 メロンパン×コンゴ共和国貢献というアイデアをクラウドファンディングサイトで実現させた平井萌さん

 入場は無料、メロンパンの販売は正午から(売り切れ次第終了)。好きなメロンパンが2種類にワンドリンク・特製メロンパンMAPが付いた前売券も1000円で販売中。メロンパンの購入とイベント参加は前売券購入者が優先される。ワークショップ申し込みと前売券販売はイベント公式サイトにて。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた