ニュース
» 2014年08月05日 11時27分 公開

ボカロネット? どうせなら作詞もやってくんないかな、というボカロP向け自動作詞ツールを探してみた

怠惰なあなたのために。

[松尾公也,ねとらぼ]

 8月4日に公開された「ボカロネット」向きの歌詞ジェネレータを探して、実際に使ってみました。

 ボカロデューサーという自動作曲サービスを無料で使えるヤマハのボカロネット。1日3曲までタダで作曲してくれる伴奏をつけて、VOCALOIDが歌ってくれるというサービスだけど、普通そんなに歌詞書けないよね。

 食べ物とかグチとかダジャレとか、ツイートとあまり変わらない歌詞で曲を作っている人が目につきます。それはそれでいいし、ぼくもそうですけど。

 というわけで、5つの自動作詞ツールをご紹介します。

 まず、ユビキタスエンターテインメント(UEI)社長の清水亮(@shi3z)さんが作成した「80年代流行歌風歌詞自動作成システム」。テーマを入力すると、それを織り込んだ歌詞を生成してくれます。

 たとえばボカロネットというキーワードだけで、こんな歌詞ができあがりました。バック・トゥ・ザ・フューチャー。たしかにそれだけで80年代風です。

 でき上がった音楽はこんな。

忘れじのボカロネット

 生成される歌詞はけっこう長いのでプレミアム会員の32小節、20×64文字でも収まりきれないはず。この中からよさげなフレーズをピックアップして使ってみてはいかがでしょうか。

 次に、@ikazombie(ジェット・リョー)さんが友人といっしょに開発したという、「誰でもJ-POP歌詞が作れるチャート」。

 歌詞の意味的な流れは見事です。既存の曲に似ている気もしますが……。1つ難点があるとすれば、画像なので、テキストのコピペができないところですね。それと、ちょっと難しいのが英語歌詞が必ず入るところ。ボカロネットのボカロデューサーとは相性がよくないんですよね。

記憶の中の君に今も逢いたいと伝えたくて

 もうちょっと細かいカテゴリーの歌詞を生成できるサービス「自動作詞プログラム(コード付き)」というのも見つけました。4つのキーワードを入れることができ、ジャンルとして「J-POP」「尾○豊風」「浜省風」「筋肉少○帯風」というのがあります。

 尾○豊風とあるので「クロスバイク」「家の庭」「盗んだ」「こらしめる」というキーワードを入れてみました。そう、家の自転車を盗んで走り出したやつに天罰が下ることを願う歌です。

 この一部を使った曲がこれ。

行く先もわからぬまま何もかも

 診断メーカーでもあるんですね。たしかにTwitterは140字だからTwitter向けサービスである診断メーカーでもボカロデューサー用の歌詞サイズにはぴったりおさまりますね。

 これで作った曲がこちら。

「風の日にワゴン車を追い自在の空にあの声」(ボカロネットで公開

 ああ、これまでは歌詞詰め込みすぎてたなと反省した次第です。

 最後に英語の歌詞ジェネレーター「Song Lyrics Generator」を紹介します。

 これがけっこう面白くて、自動作詞プログラム(コード付き)」の英語版みたいな仕組み。ビートルズ、ABBAからレディ・ガガ、ケイティ・ペリーなど人気のアーティスト風の歌詞を生成してくれます。

 そのままではボカロデューサーに使えないので、ビートルズ風ということで生成した歌詞を日本語訳してみました。それがこれ。わけがわかりません。サウンドをビートルズ風にすべきでしたね。そのためにはプレミアム登録か……。

バッドボーイは好きかい?

 そうそう、ボカロネットのレビュー(「曲が作れないぼくでもiPhoneとボカロネットだけでボカロPになれた」)でもこれらの自動作詞ツールを使わせていただいております。まことにありがとうございます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響