ニュース
» 2014年08月05日 19時46分 公開

ロースおじさんの「とんかつQ&A」が書籍化 ウィットに富んだ回答と変態紳士っぷりが人気

なお3月に登場した「ロースおじさん」公式ぬいぐるみはあまり売れてないもよう。

[ねとらぼ]

 ホームページ作成サービス「グーペ」の広報ブログ「とんかつ教室」で好評連載中の「ロースおじさんのとんかつQ&A」が本になります。一迅社が8月30日に「ロースおじさんのとんかつQ&A その悩み、豚に相談した?(仮)」のタイトルで発売します。価格は1200円(税別)。

画像 「本になるんよ!」

 とんかつQ&Aは、ロースおじさんが読者からの人生相談に答える名物コンテンツ。恋愛ネタからサブカルまで幅広い知識と経験を持つおじさんが、大体いつもウィットに富んだ回答をしていると評判です。ただし、とても良いことを言いながら、急に小学生について熱く語りだすなど“変態紳士”な側面もあります。

 最新の相談では、「趣味(漫画やアニメ)を生きがいにしてきたが、以前のような熱意を失った」というアラサー女性に対し、「(今までの相談をまとめた)本が出るんよ」と応答。「いや、その本の発売をこれからの生きがいにしてくれなんて思い上がったことを言うつもりやないで?」と謙遜しつつ、可能性としては「本の表紙に描かれたキュートなおじさんを見れば、あなたが『新たな生きがい見つけちゃったわこれ!』って自発的に思ってくれる」ことがゼロではないと指摘。

 さらに、「ブックファーストでおじさんの本を手にとった瞬間、背筋に稲妻が走ったような衝撃と快感が押し寄せ、一瞬の内に『るろうに剣心』の九頭龍閃と同じ回数の(中略)そんな神秘体験が押し寄せる可能性もある」など、謎理論で宣伝していました。

画像 ぬいぐるみは定価924円(税別)

 なお、ロースおじさんの公式ぬいぐるみが今年3月に登場しましたが、あまり売れてないらしく、現在はAmazonで定価69%オフの298円で販売されています。これについてロースおじさんは、「価格298円に対して568円の配送料よ? もうこれって『配達員のおっさんと会う権利』として販売したほうがいいと思うんよ」「おじさんのぬいぐるみはあくまで配達員のおっさんとのコミュニケーションツールとして認識してもらったほうがええんかもしれん。それがみんなにとって一番幸せな考え方、おじさん、そんな気がするんよ」とレビュー欄でコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響