ニュース
» 2014年08月05日 19時46分 公開

ロースおじさんの「とんかつQ&A」が書籍化 ウィットに富んだ回答と変態紳士っぷりが人気

なお3月に登場した「ロースおじさん」公式ぬいぐるみはあまり売れてないもよう。

[ねとらぼ]

 ホームページ作成サービス「グーペ」の広報ブログ「とんかつ教室」で好評連載中の「ロースおじさんのとんかつQ&A」が本になります。一迅社が8月30日に「ロースおじさんのとんかつQ&A その悩み、豚に相談した?(仮)」のタイトルで発売します。価格は1200円(税別)。

画像 「本になるんよ!」

 とんかつQ&Aは、ロースおじさんが読者からの人生相談に答える名物コンテンツ。恋愛ネタからサブカルまで幅広い知識と経験を持つおじさんが、大体いつもウィットに富んだ回答をしていると評判です。ただし、とても良いことを言いながら、急に小学生について熱く語りだすなど“変態紳士”な側面もあります。

 最新の相談では、「趣味(漫画やアニメ)を生きがいにしてきたが、以前のような熱意を失った」というアラサー女性に対し、「(今までの相談をまとめた)本が出るんよ」と応答。「いや、その本の発売をこれからの生きがいにしてくれなんて思い上がったことを言うつもりやないで?」と謙遜しつつ、可能性としては「本の表紙に描かれたキュートなおじさんを見れば、あなたが『新たな生きがい見つけちゃったわこれ!』って自発的に思ってくれる」ことがゼロではないと指摘。

 さらに、「ブックファーストでおじさんの本を手にとった瞬間、背筋に稲妻が走ったような衝撃と快感が押し寄せ、一瞬の内に『るろうに剣心』の九頭龍閃と同じ回数の(中略)そんな神秘体験が押し寄せる可能性もある」など、謎理論で宣伝していました。

画像 ぬいぐるみは定価924円(税別)

 なお、ロースおじさんの公式ぬいぐるみが今年3月に登場しましたが、あまり売れてないらしく、現在はAmazonで定価69%オフの298円で販売されています。これについてロースおじさんは、「価格298円に対して568円の配送料よ? もうこれって『配達員のおっさんと会う権利』として販売したほうがいいと思うんよ」「おじさんのぬいぐるみはあくまで配達員のおっさんとのコミュニケーションツールとして認識してもらったほうがええんかもしれん。それがみんなにとって一番幸せな考え方、おじさん、そんな気がするんよ」とレビュー欄でコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた