ニュース
» 2014年08月06日 12時06分 公開

「ハイスコアガール」のゲーム描写にSNKプレイモアが「重大な違法行為」と抗議し刑事告訴 アニメどうなっちゃうんだろ

な、なんだってーっ!

[ねとらぼ]

 90年代のゲーム少年の青春を描いた押切蓮介さんの人気漫画「ハイスコアガール」に許諾なくキャラクターが複製使用されているとして、SNKプレイモアが出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴していたことが分かりました。

 SNKプレイモアは8月6日、刑事告訴に関する経緯を公式サイトに掲載。「当社の許諾を受けることなく、当社が著作権を有する多数のゲームプログラムのキャラクターを複製使用」したとして、スク・エニに「ハイスコアガール」の単行本や電子書籍、さらには月刊誌その他を含めて販売の「即時停止」を要求したと説明しています。また、スク・エニ側から「なんら誠意ある対応がなされませんでした」として、刑事告訴に踏み切ったとしています。

photo SNKプレイモアによる発表全文

 「ハイスコアガール」はアーケードゲームを通じて知り合った主人公とヒロインの青春ラブコメディで、実在するゲーム作品が作中に多数登場する漫画です。2012年の「ブロスコミックアワード」大賞や2013年の「このマンガがすごい!」オトコ編2位に輝くなどして注目され、アニメ化も発表されています。

 漫画に登場するゲーム作品には、SNKブランドの「ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)」や「サムライスピリッツ」なども含まれていました。単行本の巻末には「(C)」マークとともにSNKプレイモアの名が掲載されており、権利処理をしていたようにも見えるのですが、実際には許諾を受けていなかったようです。

 SNKプレイモアの発表からは「重大な違法行為を厳重抗議」「悪質な本件行為を看過するわけにはいかない」「断固たる措置を講じる」と強い口調がたびたび現れ、知財に対する厳格な姿勢が見てとれますが……ファンも多い「ハイスコアガール」、一体どうなってしまうのでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」