ニュース
» 2014年08月07日 21時04分 公開

小型カメラ「GoPro」を頭に装着! マイクロソフトエグゼクティブインタビューに行ってきた

開発者コミュニティ、学生へのアプローチとは?

[太田智美,ねとらぼ]

 7月29日〜8月2日にシアトルで開催されたマイクロソフト主催の学生向けITコンテスト「Imagine Cup 2014」(関連記事)。その中で、各国から集まった取材陣1人1人に対し15分間、マイクロソフトのエグゼクティブに個別インタビューする時間が与えられた。

 筆者が取材できることになったのは、マイクロソフトのゼネラルマネージャーKurt Steck氏。Steck氏は、開発者や(オーディエンスへの)エヴァンジェリズム部門を束ねるグローバルチームのリーダーで、開発者向けのマーケティングやイベント(今回のImagine CupやIT技術者のためのイベントTechEdなど多数)を担当している。エグゼクティブインタビューができるというせっかくの機会だったので、小型カメラ「GoPro」を頭に装着しながら取材を行った。

画像 マイクロソフトのゼネラルマネージャーKurt Steck氏
画像

 まず聞いてみたかったのが、日本の開発者コミュニティをどう見ているかということだ。日本では現在、非常にたくさんの開発者コミュニティが勉強会やワークショップなどを開催している。しかし、HTML5やRuby、Perl、JavaScriptといった開発者コミュニティ活動に実際参加してみると、ほとんどの人がiPhoneやMacBookを持参しており、それを見ると、このようなコミュニティの人たちにとってはWindows OSよりもMac OSの方が身近になっているようにも感じる。この現状に対し、どのように感じているのか。また、Windows OSにより親近感を持ってもらうために、何かアイデアがあるのか聞いてみた。

筆者 日本の開発者コミュニティに参加すると、iPhoneやMacBookを持参している人がとても多いように感じます。この現状についてどう思いますか?

画像

Steck氏 マイクロソフトにとって、またWindowsにとって、そのようなイベントはとても重要だと考えています。なので、そういった傾向があるということはあまりうれしいことではありません。もう少し現状を調べ、理解を深めるためのアクションを取らなければならないと思っています。

画像

Steck氏 マイクロソフトCEOのSatya Nadellaも言っているように、今私たちは製品の使い方や開発の仕方自体を変えようとしています。具体的には、「デバイスをまたがる」ということです。さまざまなデバイス向けに開発する際、開発しやすく費用対効果が高い形で実現できるようにと考えています。

 そうなったとき、私たちの強みはこれまでに学生を対象としたイベントを世界で何千件とやっていることです。これらの歴史や学生向けのプログラムを既に持っているということは、非常に誇りに思っています。

画像

 続いての質問は、マイクロソフトにとって「学生の開発者」とはどのような存在なのかということ。今回のImagine Cupもそうだが、前述にもあるとおりマイクロソフトは多くの学生向けプログラムを行っている。なぜ、学生に対しそこまで力を入れているのだろうか。

筆者 マイクロソフトにとって「学生の開発者」は、どのような存在ですか?

画像

Steck氏 例えば、Imagine Cupの目標は「世界中の学生たちにインスピレーションを与え、テクノロジーを通じて学生たちのアイデアを実現させること」です。さらに、業界における大きなトレンドへの適合も視野に入れ、毎回フォーカスを当てる部分を変えるようにしています。

 今回であれば、「いろんなデバイスで遊べることを基にしたゲーム開発」や「イノベーション」など。特にイノベーションの分野では、学生たちが想像力にたくましく自由に作れるようにと、あえて細かくきっちり定義しませんでした。

画像

Steck氏 学生の開発者は、マイクロソフトにとって最も重要なうちの1つです。なぜなら、学生たちの知識や知恵、イノベーション(革新)が、マイクロソフトと一般のユーザーを結び付けてくれるものだと考えているからです。だからこそ、学生を対象としたプログラムを充実させ、興奮しながら(楽しみながら)教育もしっかり受けてもらいたい、そういった願いを込めてやっています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響