ニュース
» 2014年08月07日 21時04分 公開

小型カメラ「GoPro」を頭に装着! マイクロソフトエグゼクティブインタビューに行ってきた

開発者コミュニティ、学生へのアプローチとは?

[太田智美,ねとらぼ]

 7月29日〜8月2日にシアトルで開催されたマイクロソフト主催の学生向けITコンテスト「Imagine Cup 2014」(関連記事)。その中で、各国から集まった取材陣1人1人に対し15分間、マイクロソフトのエグゼクティブに個別インタビューする時間が与えられた。

 筆者が取材できることになったのは、マイクロソフトのゼネラルマネージャーKurt Steck氏。Steck氏は、開発者や(オーディエンスへの)エヴァンジェリズム部門を束ねるグローバルチームのリーダーで、開発者向けのマーケティングやイベント(今回のImagine CupやIT技術者のためのイベントTechEdなど多数)を担当している。エグゼクティブインタビューができるというせっかくの機会だったので、小型カメラ「GoPro」を頭に装着しながら取材を行った。

画像 マイクロソフトのゼネラルマネージャーKurt Steck氏
画像

 まず聞いてみたかったのが、日本の開発者コミュニティをどう見ているかということだ。日本では現在、非常にたくさんの開発者コミュニティが勉強会やワークショップなどを開催している。しかし、HTML5やRuby、Perl、JavaScriptといった開発者コミュニティ活動に実際参加してみると、ほとんどの人がiPhoneやMacBookを持参しており、それを見ると、このようなコミュニティの人たちにとってはWindows OSよりもMac OSの方が身近になっているようにも感じる。この現状に対し、どのように感じているのか。また、Windows OSにより親近感を持ってもらうために、何かアイデアがあるのか聞いてみた。

筆者 日本の開発者コミュニティに参加すると、iPhoneやMacBookを持参している人がとても多いように感じます。この現状についてどう思いますか?

画像

Steck氏 マイクロソフトにとって、またWindowsにとって、そのようなイベントはとても重要だと考えています。なので、そういった傾向があるということはあまりうれしいことではありません。もう少し現状を調べ、理解を深めるためのアクションを取らなければならないと思っています。

画像

Steck氏 マイクロソフトCEOのSatya Nadellaも言っているように、今私たちは製品の使い方や開発の仕方自体を変えようとしています。具体的には、「デバイスをまたがる」ということです。さまざまなデバイス向けに開発する際、開発しやすく費用対効果が高い形で実現できるようにと考えています。

 そうなったとき、私たちの強みはこれまでに学生を対象としたイベントを世界で何千件とやっていることです。これらの歴史や学生向けのプログラムを既に持っているということは、非常に誇りに思っています。

画像

 続いての質問は、マイクロソフトにとって「学生の開発者」とはどのような存在なのかということ。今回のImagine Cupもそうだが、前述にもあるとおりマイクロソフトは多くの学生向けプログラムを行っている。なぜ、学生に対しそこまで力を入れているのだろうか。

筆者 マイクロソフトにとって「学生の開発者」は、どのような存在ですか?

画像

Steck氏 例えば、Imagine Cupの目標は「世界中の学生たちにインスピレーションを与え、テクノロジーを通じて学生たちのアイデアを実現させること」です。さらに、業界における大きなトレンドへの適合も視野に入れ、毎回フォーカスを当てる部分を変えるようにしています。

 今回であれば、「いろんなデバイスで遊べることを基にしたゲーム開発」や「イノベーション」など。特にイノベーションの分野では、学生たちが想像力にたくましく自由に作れるようにと、あえて細かくきっちり定義しませんでした。

画像

Steck氏 学生の開発者は、マイクロソフトにとって最も重要なうちの1つです。なぜなら、学生たちの知識や知恵、イノベーション(革新)が、マイクロソフトと一般のユーザーを結び付けてくれるものだと考えているからです。だからこそ、学生を対象としたプログラムを充実させ、興奮しながら(楽しみながら)教育もしっかり受けてもらいたい、そういった願いを込めてやっています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」