ニュース
» 2014年08月12日 16時42分 公開

ミクさんがSiriみたいになってくれる!? 初音ミクとおしゃべりできるアプリを開発した人が現れたぞ

開発者の愛が込められたミクさんアプリ。ニヤニヤしちゃう。

[高城歩,ねとらぼ]

 「こんばんは」「こんばんは、マスター!」――単なる音声認識サービスではなく、認識した言葉に反応して、ユーザーが求めるアプリを起動したり、会話したりできる機能がスマートフォンにあったらいいのになあ。しかもキャラクターがミクさんだったらもっとうれしいなぁ……。そんな夢を現実のものにした動画が投稿されていました。アプリ「MikuMikuNow」の爆誕です。

画像

 起動すると「マスター、ミクですよー!」との音声が! おおっ、画面の中にミクさんが生きておる。スマホを持つ手が小刻みに震えそう。この「MikuMikuNow」は自分の話した言葉に応じて初音ミクが返事をしてくれるアプリ。Android向けに開発しているものです。

画像

 今日の天気は? 明後日の沖縄の天気は? のような質問にも的確に答えてくれます。会話内に地域が含まれていればその地域の天気をとってきてくれるのだとか。さらにWeb検索機能も充実。検索したいキーワードを話しかけると「ミクががんばって見つけてきました!」と検索結果上位10件を示します。「検索」だけでなく、「探して」や「調べて」と話しかけてもオーケー。

画像

 「そうだ、今日の宅急便の受け取り忘れないようにメモしなきゃ」という場面でもミクさんがパートナーとして大活躍。メモしたいキーワードを話しかけると、「ミクの宝物箱に大切にしまっておきますね」とメモを保存してくれます。

 そして目玉は、初音ミクと日常会話できる機能が実装されていることです。「かわいい」とほめてあげると、ミクさんが周囲に花をぽわぽわっと咲かせながら「ふふ、ありがとうございます」と100点満点のスマイルを見せてくれます。愛おしいです。

 ただし、マスターたるもの紳士でなければいけません。ミクさんの気にしていること(主に胸の話)は怒られてしまいますので注意しましょう。では、紳士的に「結婚して」とプロポーズをしてみると……ここからの反応はぜひ動画で確かめてニヤニヤしてください。ニヤニヤ。

画像

 ところで動画を見て、「このアプリの音声はミクさんの声ではないよね? どうして?」と疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。実は「MikuMikuNow」における音声はAndroidの音声合成読み上げ機能を使用しています。開発者のkulunaさんによると「音声が初音ミクと異なるのは権利上の問題もありますが、元々初音ミクは“歌わせる”ソフトウェアであり“しゃべる”ことは不得意です。スマートフォン上で自然にしゃべらせるにはまだまだ技術の壁があると感じています。そのため、今回はイメージに一番近かった音声合成を採用しました」との返答でした。

 さらに「それではオリジナルキャラクターを用いれば良いと思われるかもしれませんが、元々初音ミクがSiriのように振る舞ってくれたらと思い開発をはじめました。私を含めみなさん初音ミクが好きだからこそ今回の動画公開が達成できたものだと思っております」と答えてくださいました。初音ミクが好きだからこそ……まさしく愛です。

 今はまだ個人用のアプリですが、反響が大きければリリースに向けて準備したいと考えているそうですよ。「MikuMikuNow」がみなさんのスマホライフをもっと楽しく豊かなものにしてくれる日も近いかもしれませんね!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」