ニュース
» 2014年08月12日 17時48分 公開

200万ダウンロードのホラーゲームアプリ「歪みの国のアリス」小説版が発売 僕らのアリス、PVも公開してるよ

こしあん派? つぶあん派?

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 累計200万ダウンロードされたホラーゲームアプリ「歪みの国のアリス」の公式ノベライズが8月20日に発売されます。原案はサン電子(ナイトメア・プロジェクト)、著者は乙女ゲーム「AMNESIA(アムネシア)」などのノベライズも手がけた狐塚冬里さん。

「おかえり、僕らのアリス」

 「歪みの国のアリス」は、2006年にフィーチャーフォン向けにリリースされたホラーゲームアプリ。奇妙な世界に迷い込んでしまった女子高生・葛木亜莉子(かつらぎありこ)が、「チェシャ猫」(※外見はフードを深くかぶった成人男性)に導かれ、「シロウサギ」を追いかけていく……というストーリーです。

 出てくるキャラクターは「不思議の国のアリス」を踏まえてはいるものの、ちょっぴりグロくて明らかにおかしい。随所にちりばめられた「謎」が、ストーリーを追うごとに徐々に分かっていきます。当時のゲームアプリの中でもかなりの大ボリュームだった本作は、女子高生を中心に大ウケ。口コミで広まっていきました。

 2011年にはスマートフォンアプリ版も公開。多くのユーザーにダウンロードされました。

 ノベライズ版の発売を間近に控え、PVもYouTubeとニコニコ動画で公開されています。

 四六判420ページで税別1200円。早期購入特典として、原作シナリオライター書き下ろしの「歪みの国のアリス」キャラクターメールが配信される予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む