ニュース
» 2014年08月18日 15時47分 公開

沖縄から東京まで片道50時間! フェリーの日本最長航路「飛龍21」に乗ってみた(1/2 ページ)

沖縄−東京間を飛行機で1時間半・1万円以下で移動できる時代に、そののんびりとした乗り物はあった。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]
画像 小雨の中、沖縄の那覇新港に停船する「飛龍21」

 さかのぼること5月のある朝、ぼくは沖縄の那覇新港にいた。本当は帰省先の鹿児島から東京へ直帰する予定だったのを取りやめ、わざわざ飛行機でここへ来た理由はただ1つ。フェリーの日本最長航路に乗船するためだ。

 現在の日本最長航路はマルエーフェリーが運航する貨客船「飛龍21」の沖縄〜東京間。総距離は1743キロ。直行便ではなく途中で鹿児島県の名瀬港と志布志港に寄ると、乗船時間は上り約47.5時間、下りは約50時間、どちらにせよ2泊3日船の上にいることになる。寄港地以外はほぼ電波が圏外で、通話もネットも使えないので、かなり暇に悩まされる乗り物だ。

 とりわけ恐ろしいのはコストパフォーマンス。沖縄〜東京間の運賃は、最安の2等客室で片道2万7230円になっている。

 今のご時世、閑散期の格安航空券を狙えば、沖縄〜東京間は片道約2時間・1万円以下で行けてしまう。飛行機に変えるだけで約45時間と約1万7000円も余る! これを使って、ゴーヤーチャンプルーにソーキそば食べて首里城行っておみやげ用のちんすこう買って安宿に1泊、なんて全然余裕。おせじにもフェリーは合理的とはいえない交通手段なのだ。

 なのに乗船することにしたのは「水曜どうでしょう」好きのねとらぼ編集部のせいだ。ぼくが鹿児島へ帰省すると知るたび、エクストリーム系の乗り物で帰ってくるようあおってくる。過去に池谷記者が日本最長距離の路線バス「Lions Express」(福岡〜埼玉間)を制覇したことへの対抗意識も燃え上がり、「よーし、日本最長航路に挑戦します! 鹿児島から自腹で沖縄行ってから帰ってきます!」という流れに。わーん、ぼくのバカバカ。

日本最長航路フェリーに挑戦することになった原因・ねとらぼ編集部

 しかし、ぼくみたいな一時的なノリで乗ってしまう人もいる一方で、ちゃんと自ら理由をもって当フェリーを利用するお客さんもいるに違いない。どうしてこんな時代に逆行するような乗り物をわざわざ選ぶのだろう。2泊3日間の船旅はきっといろんな発見があるかも。いや、そういう発見ないと、割に合わないよ!

画像画像 フェリーに乗る「那覇港新港ふ頭船客待合所」。中の受付で予約チケットを購入し、フェリーのすぐ下までマイクロバスで運んでもらう

画像画像 フェリーに到着。外階段を上がって中へ入ると、ロビーへあがるエスカレーターが。けっこうハイテク!

画像 客室と同階にあるロビー。さあ、2泊3日の船旅がスタートだ

マルエーフェリー飛龍21

画像

 小雨がぱらつく中、「飛龍21」がゆっくりと那覇新港の波止場から離れていく。船出なんて序盤の最高の楽しみなはずなのに、デッキには2、3人しかいないし、港場で手を振る人もいない。船員にたずねる。

 「乗客ってどれくらいなんですか?」

 「今回は、奄美港で乗る人も含めて9人ですねぇ」

 ま・じ・か。「飛龍21」にある客室は、1等(2人)が2部屋、2等寝台(2人)が18部屋、2等(4人)が13部屋。最大92人の客を一度に運べるのだが、ほぼ満室となるゴールデンウィークやお盆シーズンと違って、こうしてオフシーズンは客数が1ケタの日もあるのだそう。

 いろんな人と話して時間をつぶすのが頼みの綱だったのに、これは手痛い。沖へ出ながら飛行機が発着する那覇空港を横目にして、さっそく後悔の念が湧き上がる。

画像 隣で飛行機が発着するのが虚しい。あれだとあと1時間半で帰れたのか……

画像 沖へ出るとき、海の色が真っ二つにわかれていた。ここから美しい海を思う存分楽しみ続けます

 それでも船内を歩き回ると、沖縄と東京を往来する飛龍21こその内装があって楽しくなる。例えばメインフロアの階段の両脇にはシーサーの像が置かれたり、奄美大島周辺によくある魔除け石「石敢當(いしがんどう)」が廊下にあったりと、寄港地の文化をいろんなところで発見。暇だからこそいっぱい地理を勉強しなくちゃね!

画像画像 階段脇に沖縄の守り神・シーサーが(左)。通路がT字に突き当たるところでは、必ずこの「石敢當」があった(右)

画像画像 自販機にもオリオンビール(左)や、奄美黒糖焼酎「じょうご」のペットボトル(右)が。南西諸島の地酒で、仲良くなった人と酒盛りしたかった

 売店でも、沖縄で有名なアイス「ブルーシールアイスクリーム」や、鹿児島県の霧島産の牛乳が売られていたりと、土地ならではのアイテムがいっぱい。暇をもてあましたときのためにトランプといった玩具も置いてある。

画像画像 唯一の売店「まりんまりん」

画像画像 「ブルーシールアイスクリーム」(左)や霧島産の牛乳(右)など、土地ならでは品々が

 ただ、フェリーの売店はいつでも利用できるわけではない。閑散期で乗船人数が少ないときは、朝・昼・晩・消灯前の一定時間しかオープンしない。レジ打ちをほかの持ち場の船員が務めるためだ。こうした事情も理解しないとのんびりとした船旅は楽しめないだろう……ちゃんと開店するときは船内放送で知らせてくれるし、不便と思っちゃ負け!

画像 一時閉店中の「まりんまりん」。何も知らずにこの掲示をみると悲しくなるぞ

 また船内にはレストランがある。朝・昼・夕それぞれの定刻になると、メインフロアの受付で食券を販売する。購入から1時間後ぐらいにレストランがオープンし、食堂が購入数の食事をカウンターにずらりと用意しておいてくれる仕組みになっている。

画像 レストラン

画像画像 メインフロアの受付で食券を購入。朝食・昼食・夕食でメニューも異なる

画像 正午ごろ、フェリー最初の食事はカツカレーにしました(船といえばカレーだし)海を見ながらの食事はけっこう優雅……序盤はね

 食事のメニューは朝食は和定食・洋定食・サンドイッチ、夕食はとんかつ定食・エビフライ定食・鶏唐揚げ定食……など朝昼夕で異なる。日替わり定食でソーキそばが出てきたり、鶏唐揚げ定食であら汁が出てきたりと、ここにも郷土感が(日によっては奄美大島の郷土料理・鶏飯も食べられるそう!)。

 この食事が2泊3日の暇地獄の大いなる楽しみに。普段は一食に500円くらいしかかけないケチなぼくですら、一食1000円くらいのレストランを意欲的に利用したのであった。

画像画像 あら汁がおいしかった鶏唐揚げ定食(左)、2日目夜にソーキそばでテンションがあがった日替わり定食(右)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい