ニュース
» 2014年08月19日 10時32分 公開

鳥羽商船高等専門学校生の5日間 真夏の「Imagine Cup」シアトル滞在記

密着取材しました。

[太田智美,ねとらぼ]

 米国時間7月29日から8月2日までシアトルで開催されたマイクロソフト主催の学生向けITコンテスト世界大会「Imagine Cup 2014」(関連記事)。日本からは、鳥羽商船高等専門学校のチーム「kazokugurumi(かぞくぐるみ)」が世界大会に出場した。その一部始終をリポートしようと思うが、まずは人物紹介から。

 この、ちょっとぎこちない格好で脚立に乗って何かを撮影しようとしているのは、日本マイクロソフトのUXエバンジェリスト春日井良隆氏。

画像

 何を撮りたかったのかというと、日本チームkazokugurumiのメンバーが書いたサインだ。

画像

 春日井氏は、Imagine Cup 2014の世界大会に向けてこの数カ月間日本チームをサポートしてきたうちの1人で、親のような気持ちでこの大会を見守ってきた。こんな格好で必死にサインを撮ってしまうのも無理はない。

 続いては、鳥羽商船高等専門学校制御情報工学科准教授の江崎修央氏。1年間以上、kazokugurumiメンバーとともに過ごしてきた先生。

画像 ユニークで気さくな先生です(一番左)。
画像 おっと失礼! こちらはオフショット。発表が終わりホッとしている先生の姿

 そして、kazokugurumiのメンバー。左から、島影瑞希氏、宮村騎久也氏、Dark DePhantom氏、濱口堅太氏。

画像

 kazokugurumiは「Cuddly Connect」を開発し、このImagine Cup 2014世界大会に進んだ。Cuddly Connectは、ぬいぐるみをインタフェースにした遠隔コミュニケーションシステム。ぬいぐるみの鼻部分にカメラが内蔵されており、相手がKinect越しに手を振るとそれに合わせてぬいぐるみの手が動く。また、ぬいぐるみを通してテレビ通話をすることも可能だ。

画像
画像
画像

 そんなkazokugurumiチームを応援するために、シアトル渡航前夜には品川の日本マイクロソフトオフィスで壮行会が開かれた。そこでは、駆け付けた多くのアドバイザーから日本代表チームに向けて「1日や2日徹夜しても大丈夫!」「英語以上の共通言語は技術」「Have fan!!」などのメッセージが寄せられた。

画像

 こうして挑んだ世界大会。日本チームは1日目のウェルカムパーティー(関連記事)で少しリラックスした翌日、プレゼンテーションを行ったのだが(関連記事)、その直後のインタビューにkazokugurumiらしさがあったので少し編集した動画をそのまま掲載したい。マイクロソフトの春日井氏や鳥羽商船高等専門学校の江崎先生との会話から、当日のほっとした雰囲気が伝わるのではないだろうか。この会話を聞いていると、どれだけ多くの時間を彼(彼女)らが共に過ごしたのかが分かる。

Imagine Cup2日目に行われたプレゼンテーションの様子

Imagine Cup3日目に行われたハンズオン審査の様子

プレゼンテーション直後のインタビュー。スケジュールがみっちりだったため、途中からスタッフが次のイベントの説明に入ってきましたが、その受け答えもせっかくなので入れました

他のImagine Cup参加者たちのオフショット! 大学内にある卓球で遊んでいます

ハンズオン審査と同会場では、Microsoft社員向けのイベント「//oneweek」も開催されていました(関連記事)。上下にシュコシュコしてビールをピッチャーに注いでいるのがなんとも楽しそうです!!

 4日目、いよいよコンテストの結果発表! 優勝したのは、下まぶたの裏側(結膜)の写真を撮るだけで結膜の分析と貧血の検査・リスク計算ができるアプリ「Eyenaemia」を作ったオーストラリアのチーム。決勝戦は「バトルロワイヤル」と呼ばれるプレゼンテーションの決勝大会が舞台上で行われたのだが、これがすごかった。審査員であるマイクロソフトの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella(サティア・ナデラ)氏らから飛んでくる質問に対し、キレッキレの受け答えをして会場を沸かせたチームだ(関連記事)。

 そしてその夜、Imagine Cup参加者全員でのパーティーが行われた。場所はシアトルで有名なEMP Museum。全てのコンテストを終えた参加者たちの姿が生き生きとしている。

画像

Imagine Cupパーティー

 Imagine Cup最終日は、歴史資料館「MOHAI」で誰もが参加可能なパブリックショーケースが開かれた。MOHAIはインタラクティブな資料館で、見るだけではなく体験ゾーンがたくさんある。また、スターバックスコーヒーの最初の看板なども展示されていた。

画像
画像 五感を使って歴史を知ることができます

画像 スターバックスコーヒーの最初の看板

画像
画像
画像 Imagine Cupのパブリックショーケースにもたくさんの人が!

 こうして、Imagine Cup 2014は終了。kazokugurumiのメンバーは「世界中の参加者からインスピレーションを受けた」(島影氏)、「世界のチームは、自己アピール力が違うと実感した」(宮村氏)などとこのImagine Cupを振り返った。

 現在Imagine Cupの出場資格は16歳以上の学生。来年度以降その枠が少し変更され、より若い世代にも拡張されるとのこと。このような活動が今後もどんどん広がればいい。

画像
画像
画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  8. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  9. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……
  10. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. 江頭2:50 憧れの女性と念願デートも、緊張のあまり“ガチガチ”の“デレデレ”になってしまう「こんなエガちゃん見たことない」
  3. 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  5. 【Amazonブラックフライデー】セールの目玉商品第2弾を公開 新型「Kindle Paperwhite」が30%オフ
  6. 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  7. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  8. 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. 「すごく気に入ってます!」 ワンオクRyota、4歳娘の描いた似顔絵を“タトゥー”に 著名アーティストからも「いいね!」
  10. 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」