ニュース
» 2014年08月19日 10時00分 公開

インパクトありすぎ! トマトを炊飯器にぶっ込んで炊くだけの「トマト丸ごとごはん」が意外なウマさだったねとめし

お米に調味料を加えた後、トマトをドボン。炊飯器で炊くだけの超簡単な「トマトまるごとごはん」に挑戦してみた!

[池田園子,ねとらぼ]

 いま旬の野菜といえばトマト。そんなトマトを主役にした「トマトまるごとごはん」なるレシピがネット上で「インパクトがありすぎる」と話題を集めている。


画像 お米の中にそびえ立つトマト!

 Twitter上は「これは上手くやれば確かに美味しいであろうぎゃああー(蓋を開けるとこを想像) 」のような戸惑い(?)の声もあるが、「意外とうまそうやんけ」「これめっちゃおいしそうやりたい」のような好意的な声も挙がっている。

 見た目は確実におもしろいだろうが、お米、調味料、トマトを炊飯器に入れて炊くだけという、誰でも確実に作れる工程は魅力的だ。これはやってみたい! 

 そこでNAVERの人気まとめ「炊飯器にドーン! トマト丸ごとご飯のインパクトがすごい」に引用されたブログ「心おきなく好きなこと〜」のエントリ「丸ごとトマトの炊き込みピラフ」を参考に作ってみた。


画像 混ぜるとこんな感じになるんです。あらおいしそう!


材料を混ぜてトマトを置くだけ!

 用意する食材は、お米2合、トマト、オリーブオイル、塩、黒こしょう(粗びき)、以上。普通にキッチンにあるものだけで作れてしまうのだ。まずはお米を研いだ後、2合のラインまで水を入れる。ここまでは普通。


画像 材料はわずか5種類

 次に、後で加えるトマトを炊いている最中に、トマトから水分が出ることを見越して、あらかじめ大さじ6杯分の水を捨てておく。ここで水を捨て忘れてしまうと、ごはんがビチャッとした状態になってしまうのでご注意を。


画像 トマトから水分が出るため、水を少し捨てておく

 続いて塩(小さじ4分の3)、黒こしょう(小さじ4分の1)、オリーブ油(小さじ2)を加え、しっかり混ぜ合わせる。最後にトマトを乗せよう。ドーンと鎮座するトマトはなんとも堂々としているように感じる。果たしてどんなごはんになるのか……若干不安な思いで、炊飯器のスイッチを押した。


画像 調味料類を入れて混ぜる

画像 真ん中にトマトを投入


皮がズルむけ状態のトマトを全体にかき混ぜる

 数十分後、炊飯器から炊きあがりを告げるメロディが流れ始め、ドキドキしながらキッチンへと向かった。フタ、オープン! 炊飯器の中にはオリーブオイルを含んで、心なしかピラフっぽい仕上がりになったごはん、その上にズルむけ寸前になったトマトの姿が……!


画像 炊きあがりもインパクト大

 筆者にとって「トマトを炊く」という行為は初体験だった。トマトは炊かれることで、皮がこうやって剥けていくのか――と新鮮な感覚を抱きながら、トマトを全体的につぶしていく。元の形をなくした直後は種や水分があふれ出て、やや水分過多に感じられた。

 ただ、トマトの欠片がごはん全体に行き渡るように混ぜていくと、ビジュアルが徐々に「混ぜごはん」的なそれに変化していく。見た目は洋風の混ぜごはんだ。フタをして、5分程度蒸らせば完成。


画像 トマトを全体にかき混ぜる。しまったちょっと水分多かったか?

画像 と思ったけど混ぜたらイイ感じになってきた


ほどよい酸味、プチプチ感がくせになる

 茶わんに盛るのは変かなと思い、洋風の小さめな白いボウルへ盛ってみた。最後に粉パセリをかける。一目見ただけだと、トマトを使っていることすら分からないのではというくらい、トマトが自然となじんでいることが分かるはず。


画像 パセリをかけると完成

 では早速、いただきます! ほどよく酸味が効いていて、涼やかな味わいが口の中に広がる。トマトの種のプチプチ感もたまらない。だからといって、トマトの存在が主張しすぎるわけでもない。トマトは絶妙な役割を果たしているのだ。

 また、オレンジがかったごはんが、トマトをまるごと1個ぜいたくに使っていることを感じさせ、幸せな気持ちにさせてくれるのもうれしい。ごはん自体はあらかじめ水分量を調節したことから、固くもなくやわらかくもない、ちょうどよい質感だった。ピラフのような印象だ。

 昼食用に作ったが余ったため、夜も同じトマトまるごとごはんを食した。味に変化をつけようと、チーズを載せてレンジでチンしたところ、これもイケることが判明! 一気に洋風の味わいが加速する。個人的にはトマト以外にもベーコンやコーン、アスパラなどの具を入れた「豪華版」に挑戦したいと思った。

 普通に食べるもよし、少し味に変化をつけるもよし……トマト好きな人は一度試してみてはいかがだろうか。


画像 さっぱり感にハマる。夏の食卓にぜひ!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」