ニュース
» 2014年08月21日 19時11分 公開

歴史的なゲーム実況が爆誕 64の神ゲー「ゴールデンアイ 007」をジェームズ・ボンド本人が実際にプレイ

本人キター!

[ねとらぼ]

 1997年に発売されたNINTENDO64用ソフト「ゴールデンアイ 007」。全世界で約800万本売り上げ、家庭用FPSの最高峰として今なお語り継がれている人気作です。このたび米テレビ番組の企画で、5代目ジェームズ・ボンドこと俳優のピアース・ブロスナンさんが同ゲームをプレイし、話題になっています。YouTubeの公式チャンネルで当時の模様が公開されています。


 ブロスナンさんは、シリーズ17作目となる「007 ゴールデンアイ」でボンド役デビュー。当然、ゲーム版主人公のモデルでもあります。そんな張本人に実際にプレイさせることをやってのけたのが米NBCの長寿番組「ザ・トゥナイト・ショー」。

ゴールデンアイ 「本当に神ゲー」と力説するジミー・ファロンさん

ゴールデンアイ 「一緒にやりたいんですけど(チラッ」「いいよ」となりガッツポーズ

ゴールデンアイ NINTENDO64!!

ゴールデンアイ 大スクリーンでプレイ

 2014年から同番組のホストを務めているジミー・ファロンさんが、同ゲームの大ファンだと言い、パッケージを取り出してアツく思いを語りだします。そして一言「一緒にやりませんか?」。スタジオが大歓声に包まれる中、隣の大スクリーンの幕が開け、プレイスタート! ちなみに本作、対戦モードが尋常じゃなく盛り上がると評判です。

 大スター2人もやけにハイテンションなまま勝負に突入し、ワンアクションごとに“実況”しながら進めていきます。いざ、ゲーム内で遭遇すると「ハロー! ミスターボンド」「イッツ ミスターファロン!」と大声で挨拶を交わすなど絶好調でした。

 気になる結果は、やり込みの成果(精密射撃)を披露したファロンさんの勝利。なお、ブロスナンさんは21日(日本時間)、掲示板「Reddit」のAMAに降臨し、「彼との勝負は公正だった。いつか再試合することもあるだろう」「ゴールデンアイでの再戦はまずないが」などとコメントしていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響