ニュース
» 2014年08月22日 16時00分 公開

冷やして食べる「ランチパック」、ローソンが発売

常温では使用できなかった生クリームなどを使っている。

[ねとらぼ]

 ローソンは8月26日、初の冷やして食べる「ランチパック」を発売する。山崎製パンと共同開発した。

 「カスタードホイップとあずきホイップ」「パンプキンサラダとごぼうサラダ」の2種(各185円・税込)。ランチパックで冷蔵の商品を販売するのは初めてで、常温では使用できなかった生クリームや、野菜のシャキシャキ、ホクホクとした食感を残したサラダを入れた。パン生地に麦麹を入れることで、冷やしてもしっとり柔らかな食感を保っているという。今後も季節に合わせた新フレーバーを発売する予定。

カスタードホイップとあずきホイップ
パンプキンサラダとごぼうサラダ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.