ニュース
» 2014年08月24日 12時21分 公開

「一青窈をスロー再生すると平井堅に似ている」を実証してみたよ――という研究が登場 へぇー!?OngaCREST 2014

ついでに言うと、宇多田ヒカルも同じく平井堅の歌声に近いらしい。

[松尾公也,ねとらぼ]

 「一青窈の再生速度を下げると平井堅」というトリビアがテレビ番組「トリビアの泉」で取り上げられ話題になったのを覚えていますか? もう10年前のことです。このネタ自体は2ちゃんねるが発祥のようですが、これを実証した研究があります。

 正確には「歌声トピックモデルに基づく類似歌声検索とトピック可視化」というもので、ぼかりす(VocaListener)でおなじみの産業技術総合研究所・中野倫靖氏、後藤真孝氏、そして京都大学・吉井和佳氏の共同研究によるものです。8月23日に行われた、音と映像に関するシンポジウム「OngaCREST 2014」で公開されました。


画像 類似度を調べた12アーティスト

 この研究では2000年から2008年にかけてオリコン上位20位以内に入った12アーティストのボーカルを分析してモデル化し、類似度を計算。対象アーティストは、男性ではASIAN KUNG-FU GENERATION、BUMP OF CHICKEN、福山雅治、GLAY、氷川きよし、平井堅。女性ではaiko、JUDY AND MARY、一青窈、東京事変、宇多田ヒカル、矢井田瞳。さすがに時代を感じさせますね。中野さんに聞いたところ、予算が許せば最近の年代までカバーしたり、年別にデータを収集したりしたいそうです。

画像 一青窈と平井堅はお互いに似ていることが判明。F3は一青窈、M6は平井堅

 これら12人を分析し、その特徴を抽出したうえで歌声をそれぞれ3曲分、音の高さを半音ずつずらしたものを7種類。合計252曲分で類似性を調べた結果が右の表になります。

 表では歌手IDで書かれているためちょっと分かりにくいですが、たとえばF3は一青窈、M6は平井堅のことを表しています(歌手ごとのIDは1枚目の画像参照)。表の「F3」の列には「M6(+3)」が並んでいますが、これは平井堅のピッチを+3する(1音半上げる)と一青窈の声になる、ということを表しています。ほかにも例えば、東京事変を-3するとASIAN KUNG-FU GENERATIONになったり、矢井田瞳を+1するとJUDY AND MARYになったり――といったことが表から分かりますね。あと一青窈だけでなく、実は宇多田ヒカルも平井堅の歌声に近いみたいです。


画像 歌手の類似度をタグクラウド化した「歌手クラウド」。左から平井堅と一青窈に共通する特徴、一青窈の平井堅以外の特徴、海外アーティストの類似度

 今回の研究では、音高、つまり音の高さを変えたものも比較対象としたことから、性別を超えた声質の推定ができるようになったことが大きな特徴です。

 今後は歌声を特徴付ける要素についてさらに分析が進みそうです。また、ビブラートやしゃくりなどのボーカルテクニックなど、声質だけではなく歌い方の特徴をモデル化することも検討しているそうです。

 研究が進めば、また新たなトリビアが生まれるかもしれませんね。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」