ニュース
» 2014年08月27日 21時16分 公開

八丈島末吉盆踊りの「高速マイムマイム」がネットで話題に 確かに高速で楽しそう

みんなステップせず小走りでぐるぐる回って、もはやサークルモッシュ状態。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 東京都八丈島の「末吉地区盆踊り」で踊られる“高速マイムマイム”が楽しそうだとネットで話題になっている。8月26日にフジテレビの番組「スーパーニュース」が取り上げたのがきっかけだ。


画像 2014年の高速マイムマイムの様子。みんな速く回りすぎて写真が捉え切れない(写真提供:八丈島観光協会ブログ

 「末吉地区盆踊り」は毎年8月14・15日に八丈島の旧末吉小学校で開かれ、例年地元客を中心に700〜800人が訪れる。流れる曲目は、八丈島民謡「しょめ節」といった伝統的なものもはさみつつ、バンドの生演奏による「コロブチカ」「オクラホマ・ミキサー」といったフォークダンス曲が中心。中でも高速マイムマイムは一番多くの人が踊り、1日3回も演奏される人気曲だ。


2009年時の高速マイムマイム動画。ステップ踏んでません、走ってます(動画撮影:八丈島在住ミュージシャン・ホッピー神山さん)

 YouTubeに2009年の高速マイムマイムの様子が投稿されている。バンドがやや速めのマイムマイムをロック風に演奏し、どんどんテンポを上げていく。参加者たちが輪を作って回るのは普通のマイムマイムと一緒だが、数歩ずつ進むのではなくぐるぐる小走り。途中の「マーイムマーイムマーイムマーイム♪」の掛け声のときも、両手を上げたり跳びはねたりしてハイテンション。楽しそう!!!


画像 小走り状態の参加客たち

画像 ビートを速めていくバンド隊。マイムマイムは速さ110〜120BPMが一般的。動画から計算したところ、みなさん約150BPMで演奏し始め、最終的におよそ1.5倍の約190BPMまで速くなっていた。高速!

 今年は13日に八丈島でワンマンライブを行った音楽アーティスト・大森靖子さんが14日にステージジャックしたらしく、マイムマイムではそのファンたちも地元客と一緒になって踊ったという。

 「マイムマイムをこのように高速化したのは12、3年前からです」と、バンドリーダーの沖山芳樹さん。昭和のころにはすでにあった末吉盆踊りで、1994年からフォークダンスの生演奏を始めた。曲調がロック風なので年々参加客たちが型を気にせず自由に踊るようになり、マイムマイムも平常スピードで演奏されていたが、変化が訪れた。


画像 マイムマイムを演奏する沖山芳樹さん

 「会場でドラムと私とお客さんとの掛け合いで、どれだけ速く踊れるかに挑戦し始めたんです。評判となって今ではこれしか踊らない人もいるほど。型も崩れてしまってただ自由に走り回るだけの人もいるので、輪に入りやすいのも人気の1つだと思います」


画像 「ハーイハーイハーイハーイ」と掛け声しながら飛び跳ねるお客さんたち

 またこの高速化は、八丈島の伝統芸能「八丈太鼓」の影響もあるのではと沖山さんは推測する。「八丈太鼓はクライマックスに両面の太鼓を叩き込んで早回ししていく特徴があるんです。バンドに八丈太鼓を取り入れた時期もあったし、ドラマー・阿久津文彦さんは八丈太鼓師でもある。マイムマイムでビートを上げていった傾向と結びつく気がします」


画像 マイムマイムで一時期叩かれた八丈太鼓(2009年時)

 八丈島では末吉以外の地区でも盆踊りがあるのだが、全体的に八丈太鼓のようにテンポを速くしていく傾向があるそうだ。八丈島における高速マイムマイムはただ楽しいだけでなく、島の伝統芸能と融合した文化的にも価値ある踊りなのかもしれない。

 「スーパーニュース」で放映された高速マイムマイムに対し、Twitterでは「楽しそう!やってみたい!」「いいねえイノベーションだねえw 地元経済に影響するもんな」といった肯定意見や、「もうダンスじゃなくて競技って感じw」「モッシュサークルにしか見えない」など型破りさに驚く声など、多くの人が興味を示していた。

 2013年はEXILEのUSAさんが「気になるダンス」として取り上げ、USAさんが講師を務めるNHK Eテレの番組「Eダンスアカデミー」も末吉地区盆踊りへ取材に来たそうだ。参加客は年々増加中で、「しょめ節」といった八丈島民謡の盆踊りに若い人たちが交じるのも恒例となっている。


画像 2014年の高速マイムマイムの様子

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」