ニュース
» 2014年08月28日 09時00分 公開

ねとめし:ぷりっぷりの桃がお酒のつまみに早変わり! 「桃モッツァレラ」が簡単すぎるのに最強だった

切った桃の上に、ちぎったモッツァレラチーズを載せるだけ。超簡単な「桃モッツァレラ」に挑戦してみた!

[池田園子,ねとらぼ]

 もうすぐ旬が終わる桃。他の果物より若干割高ではあっても、スーパーで見つけたら迷うことなく買っておくことをおすすめする。モッツァレラチーズも一緒に。なぜ桃とモッツァレラチーズ? と不思議がることなかれ。

 というのも、先週から桃とモッツァレラチーズを使った「桃モッツァレラ」なる超簡単レシピがネット上で「ウマすぎる」と話題を集めているから。


画像 桃モッツァレラ!

 Twitter上では「なにこの組み合わせ! ありえないと思ったけど気になり始めた……」とインパクトの強さからまだ踏み出せていない人もいるが、「意外なほどにおいしかった!」「ほんとにうまかった。おすすめ」「まじうま。2皿目おかわり」のような絶賛の声が大半。

 適当に切った桃の上に、適当にちぎったモッツァレラチーズをのせて、数種類の調味料を回しかけるだけで完成するという。これはやってみたい!

 そこで人気まとめ「Twitterで話題の桃モッツァレラがウマい!!」にも引用されていたブログ「ツレヅレハナコ blog ver.」のエントリ「2011年5月14日(水)桃とモッツアレラのサラダ」を参考に作ってみた。


画像 桃にオリーブオイル……? これが合うんです!


工程は3つ! 切る、ちぎる、かける → 完成

 用意する食材は、桃にモッツァレラチーズ、白ワインビネガー、レモン汁、オリーブオイル、塩、黒こしょう(粗挽き)、以上。

※正式なレシピでは、レモン汁ではなくレモンの皮を使うようです

 最初の4点は新規で調達する必要があるかもしれないが、NAVERまとめを見ると、中には白ワインビネガーとレモン汁を「バルサミコ酢」で代用している人もいるようだ。「ビネガー=酢」と考えると、自宅にある何らかの酢でもイケそう。


画像 材料はこちらの6点+オリーブオイルの全7点

 ここからは具体的な作り方を紹介するが、あえて「作り方」と表現するのは気が引けるほど、とにかく簡単にできることをあらかじめ強調しておきたい。

 まず最初に桃を切る。食べやすいよう「一口大に切る」以外、とくに意識するポイントはなさそうだ。適当に切って皿に並べた桃の上に、モッツァレラチーズを手で適当な大きさにちぎり、まんべんなくのせていく。だんだんそれらしくなってきた。


画像 桃を切ってお皿へ

画像 モッツァレラチーズをちぎって盛り付ける

 続いてオリーブオイル、白ワインビネガー、レモン汁、塩を全体にまわしかける。桃とモッツァレラチーズの表面に出るテカリが食欲をそそる……。最後に黒こしょうをかけたら早くも完成だ!


画像 オリーブオイルをかけて……

画像 その他の調味料もすべてまんべんなくかける

画像 黒こしょうでデコレーションして完成!


良イタリアンバルで食べるサラダのよう!

 実を言うと筆者は、桃を素材そのものを楽しむ形、つまり皮をむいた生の状態でしか食べた経験がない。味付けをしようと思ったこともない。

 ましてやオリーブオイルをかけてイタリアン風にしたこともないし、酢をかけたこともない。塩こしょうをかけた桃なんて想像がつかない。いや、そもそもチーズと桃の組み合わせなんて、思いつきもしなかった!


画像 ほどよいピンクと白の組み合わせがキレイ。では実食!

 一体どんな味わいに進化しているのか。ドキドキしながら最初のひと口目をいただく。なんと! これはアリだ……というか、普通にウマい。小粋なイタリアンバルで提供されるメニューと言っても過言ではない、洗練された味なのだ。

 白ワインビネガーやレモン汁、塩などが、桃の甘みを中和する役目を果たしていることは明らか。加えてオリーブオイルが桃にこっくりとした深みを出している。

 もっちりとしたクリーミーなモッツァレラチーズをあわせて口に含むと、酸味が効いてさっぱりした、フルーティーなサラダそのもの。見た目はデザートのような華やかさだが、実態はイタリアンサラダの一種のように感じられた。材料の組み合わせが最強なのだと思う。

 家族にも好評で、昼食の一品として食卓に並べたところ、あっという間に消費されてしまった。きっとお酒を飲む人にとってもおいしい一品だろう。

 材料さえそろえておけば、切る・ちぎる・かけるのわずか3工程で完成する超時短メニューでもある桃モッツァレラ。褒められること間違いなしのレシピだ。皆さんもレパートリーのひとつにしてみては?


画像 桃の季節が終わらないうちにぜひ!


池田園子



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」