ニュース
» 2014年08月29日 17時03分 公開

川端康成も使った「山の上ホテル」で原稿執筆や編集者との打ち合わせを楽しむ――そんなプランがある

「あこがれの作家と同じ部屋で、あなたも作品創りをしませんか」

[ねとらぼ]

 川端康成をはじめ、多くの作家が「定宿」にした「山の上ホテル」──そんな場所に泊まりながら、原稿を執筆したり編集者と打ち合わせをして売れっ子作家気分を味わえるプランがあります。

photo 新潮社の紹介Webサイト

 新潮社の自費出版サービスのオプション“「山の上ホテル」執筆プラン”。申し込むと、本館デラックスルーム(和室にベッドの部屋)に専用の執筆用机とライトを用意して、憧れの“ホテルで缶詰”を体験させてくれます。

 滞在中は、編集者が定期的に部屋を尋ねてくれるので、執筆・校正に関するあれこれを打ち合わせましょう。1日原稿と向かい合ったら、お待ちかねの夕食です。池波正太郎さんのエッセイにもしばしば登場する「てんぷらと和食山の上」や「鉄板焼きガーデン」が待っていますよ。ほかにもフィットネスクラブが無料で使えたり、飲み物券がもらえたりと、気の利いたサービスが用意されています。

 2泊3日を基本に、希望があれば延泊も可能。料金は1泊1名2万4000円(税込)から。ちなみに、自費出版の料金の目安は同社の案内によると「四六(130×191)並製(ソフトカバー)/200ページ/300部」で175万円(税別)。ホテルも自費出版も費用的にはおいそれと手が出せるものではありませんが……こんな世界もあるということで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する