ニュース
» 2014年09月01日 18時35分 公開

「頑張ればいつか認めてくれる」とは違う文化で生きるということ

カルチャーがもたらした性格の変化。

[太田智美,ねとらぼ]

 シアトルのマイクロソフト本社で働く横川尚美氏。彼女は現在、MicrosoftのSkype部門でSenior Program Managerとして働き、米マイクロソフトに入って今年で10年になる。

 横川氏は米マイクロソフトに務める前、ソニーで働いていた。その文化の違いが、彼女の性格をガラリと変えたという。今回、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授 古川享氏をインタビュアーに、横川氏に話を聞くことができたのでリポートする。

画像 (左)古川享氏、(右)横川尚美氏

ソニーは「家族」、米マイクロソフトは「個人主義」

 ソニーに3年務めた横川氏が米マイクロソフトに入社して一番驚いたのは、個人主義ということだった。ソニーは家族のような会社で、もし自分が間違えをしてしまったら上司が責任を取ってくれた。しかし、米マイクロソフトは違った。自分でやったものは、自分に返ってくる。

画像

 入社した瞬間、「はい、これがあなたのコンピュータです。そしてこれがあなたのリソースです」と渡される。そこから与えられたリソースをどう使うかは自由。もちろん上司のサポートもある。しかし、横川氏はこれに慣れるのに1年かかったという。

 特にネックになったのは、コミュニケーションの取り方。日本では、皆の意見を聞いてから自分の意見を言うというスタイルのコミュニケーションをする。一方、アメリカでは話の途中でも立ち上がって手を上げ、ポンポンとしゃべり出す。

古川氏 日本では、黙っていても結果出せば見ていてくれる。しかしアメリカでは、できるできないにかかわらず「私はこれができます! 私に任せてください!」と言い、生焼けにしか出来上がっていなくても「ほら! これやったでしょ!」とアピールをする人が多い。競争(議論)に勝つことを中心にして生まれてきたカルチャーの中では、こういうことが必要になる。こっそり良い仕事をしても、良い評価にはなかなかつながらないよね。

画像

横川氏 始めの2年くらいはずっと「頑張ればいつか認めてくれる」と思っていました。その考え方がころっと変わったのが、3年目くらいだったように思います。カルチャーに付いていくために、自分を調整する必要がありました。

古川氏 それって自分の仕事のスタイルだけじゃなくて、性格自体が変わったとか?

横川氏 2004年に入社したころにはインサイトトレーニングというものがあって、私の一番強いインサイトカラーは黄色でした。黄色というのは、何でもすぐに飛びついて頑張るというカラー。次が緑で、調和を求めるカラー。最後に赤(アグレッシブで自分の意見を強く言うタイプ)、青(データ・分析力)だったんです。しかし、一昨年に同じことをやったら全く逆になっていて、赤→青→黄色→緑の順でした。おもしろいですね。

画像

横川氏 弊社では競争する文化が強く、助け合う文化があまりないように思います。しかし評価システムを始めとして、今いろいろなことが変わろうとしています。米マイクロソフトは上司の影響がすごく大きくて、自分のことを信じてくれるボスの下ではものすごいサポートもくれるし、やりがいもあります。いろんなプロダクトがあって、いろんな人がいて、この会社でないとできないことがたくさんあります。全世界から集まっていて、ここでしか出会えない人がいるんです。

画像

古川氏 自分のキャリアプランとしては、どの領域で自信がある?

横川氏 もともとソニーで働いていたせいか、ソフトウェアとハードウェアと両方たずさわる仕事で得た経験が自分の中で生かされていると思います。ソフトウェアだけに携わる仕事だと、充実感が少し足りないような気がします。実は過去にそういったことがあって、自分の心の中で「楽しくない」「合わない」と思ったので、自分で別の仕事を探して異動しました。米マイクロソフトが「個人主義」というのもありますが、自分がここで働きたくて働いているし、やっぱり自分の人生だから自分がやりたいことをやるのがいいと思います。

古川氏 天を見て仕事をする人と、上を見て仕事する人がいるよね。上を見て仕事をする人はいつもボスの目を伺い、自分の昇進だとか金銭的なもの以外のためには動かない。だけど、天を仰いで仕事をしている人というのは会社のブランドだとか会社の利益ではなく、お客さんのためになるかどうかとかを真っ先に考える。そういう人は、やっぱりいい仕事をするよね。

画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/26/news023.jpg ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  2. /nl/articles/2010/25/news016.jpg これが書店員の本気……! “架空の建物の設定本”が気に入りすぎて超精巧な立体POPにしちゃった店員さんがすごい
  3. /nl/articles/2010/25/news010.jpg 畑に里芋を取りに行った夫が「小さな子猫2匹を抱きかかえて帰ってきた」 天使のような“里芋ちゃんズ”がかわいいと人気
  4. /nl/articles/2010/25/news031.jpg 「丼丼パン…丼丼パン……」 あの世界的名曲を表現した作品が「久しぶりにTwitterで笑った」と話題に
  5. /nl/articles/1607/27/news073.jpg 嫁がポケモン捕まえに行ってリアルポケモン(捨て猫)ゲットしてきた 生後1カ月のニャースにメロメロ
  6. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  8. /nl/articles/2010/25/news006.jpg 「ぶっwお客さまwww」 “眼鏡屋でめちゃくちゃ笑われた話”の漫画があまりにもふびん
  9. /nl/articles/2010/25/news015.jpg これはつらい…… いじめっ子が夢の中では仲良くしてくれる漫画に「いい話だけどつれぇ」「ラスト震えた」の声
  10. /nl/articles/2010/26/news004.jpg 眼力鋭いクラスの女子、すごく怖いけど実は…… 不器用な恋を応援したくなる漫画『クラスメイトの田中さんはすごく怖い』