ニュース
» 2014年09月01日 18時35分 公開

「頑張ればいつか認めてくれる」とは違う文化で生きるということ

カルチャーがもたらした性格の変化。

[太田智美,ねとらぼ]

 シアトルのマイクロソフト本社で働く横川尚美氏。彼女は現在、MicrosoftのSkype部門でSenior Program Managerとして働き、米マイクロソフトに入って今年で10年になる。

 横川氏は米マイクロソフトに務める前、ソニーで働いていた。その文化の違いが、彼女の性格をガラリと変えたという。今回、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授 古川享氏をインタビュアーに、横川氏に話を聞くことができたのでリポートする。

画像 (左)古川享氏、(右)横川尚美氏

ソニーは「家族」、米マイクロソフトは「個人主義」

 ソニーに3年務めた横川氏が米マイクロソフトに入社して一番驚いたのは、個人主義ということだった。ソニーは家族のような会社で、もし自分が間違えをしてしまったら上司が責任を取ってくれた。しかし、米マイクロソフトは違った。自分でやったものは、自分に返ってくる。

画像

 入社した瞬間、「はい、これがあなたのコンピュータです。そしてこれがあなたのリソースです」と渡される。そこから与えられたリソースをどう使うかは自由。もちろん上司のサポートもある。しかし、横川氏はこれに慣れるのに1年かかったという。

 特にネックになったのは、コミュニケーションの取り方。日本では、皆の意見を聞いてから自分の意見を言うというスタイルのコミュニケーションをする。一方、アメリカでは話の途中でも立ち上がって手を上げ、ポンポンとしゃべり出す。

古川氏 日本では、黙っていても結果出せば見ていてくれる。しかしアメリカでは、できるできないにかかわらず「私はこれができます! 私に任せてください!」と言い、生焼けにしか出来上がっていなくても「ほら! これやったでしょ!」とアピールをする人が多い。競争(議論)に勝つことを中心にして生まれてきたカルチャーの中では、こういうことが必要になる。こっそり良い仕事をしても、良い評価にはなかなかつながらないよね。

画像

横川氏 始めの2年くらいはずっと「頑張ればいつか認めてくれる」と思っていました。その考え方がころっと変わったのが、3年目くらいだったように思います。カルチャーに付いていくために、自分を調整する必要がありました。

古川氏 それって自分の仕事のスタイルだけじゃなくて、性格自体が変わったとか?

横川氏 2004年に入社したころにはインサイトトレーニングというものがあって、私の一番強いインサイトカラーは黄色でした。黄色というのは、何でもすぐに飛びついて頑張るというカラー。次が緑で、調和を求めるカラー。最後に赤(アグレッシブで自分の意見を強く言うタイプ)、青(データ・分析力)だったんです。しかし、一昨年に同じことをやったら全く逆になっていて、赤→青→黄色→緑の順でした。おもしろいですね。

画像

横川氏 弊社では競争する文化が強く、助け合う文化があまりないように思います。しかし評価システムを始めとして、今いろいろなことが変わろうとしています。米マイクロソフトは上司の影響がすごく大きくて、自分のことを信じてくれるボスの下ではものすごいサポートもくれるし、やりがいもあります。いろんなプロダクトがあって、いろんな人がいて、この会社でないとできないことがたくさんあります。全世界から集まっていて、ここでしか出会えない人がいるんです。

画像

古川氏 自分のキャリアプランとしては、どの領域で自信がある?

横川氏 もともとソニーで働いていたせいか、ソフトウェアとハードウェアと両方たずさわる仕事で得た経験が自分の中で生かされていると思います。ソフトウェアだけに携わる仕事だと、充実感が少し足りないような気がします。実は過去にそういったことがあって、自分の心の中で「楽しくない」「合わない」と思ったので、自分で別の仕事を探して異動しました。米マイクロソフトが「個人主義」というのもありますが、自分がここで働きたくて働いているし、やっぱり自分の人生だから自分がやりたいことをやるのがいいと思います。

古川氏 天を見て仕事をする人と、上を見て仕事する人がいるよね。上を見て仕事をする人はいつもボスの目を伺い、自分の昇進だとか金銭的なもの以外のためには動かない。だけど、天を仰いで仕事をしている人というのは会社のブランドだとか会社の利益ではなく、お客さんのためになるかどうかとかを真っ先に考える。そういう人は、やっぱりいい仕事をするよね。

画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」