ニュース
» 2014年09月08日 22時35分 公開

「ヒックとドラゴン2」日本公開を求める署名運動にまさかの監督本人降臨 → 突然のサプライズにファン大歓喜!

配給会社さああああああん!

[池谷勇人,ねとらぼ]

 映画「ヒックとドラゴン2(仮題 / 原題:How to Train Your Dragon 2)」の日本公開を求める署名運動が現在change.orgで行われているのですが、なんとそこに同作品の監督であるディーン・デュボア氏本人が降臨し、監督自ら署名とコメントを残していくというサプライズがありました。










 前作「ヒックとドラゴン(原題:How To Train Your Dragon)」は、ドリームワークス製作の3Dアニメーション映画。残念ながら日本での興行成績はイマイチでしたが、映画ファンの間では「傑作」「最高!」と評する声も多く、続編である「ヒックとドラゴン2」も日本での公開が心待ちにされていました。

 そして迎えた2014年4月、ついに待望の「ヒックとドラゴン2」が全世界で公開に! ――なったのですが、日本での劇場公開予定についてはアナウンスなし。5月……6月……7月になっても一向に上映される気配はありません。えっ、もしかしてこのままだと日本は劇場公開なしですか!? ちょっとちょっとそんなのヤだよカンベンしてよ! ということで立ち上げられたのがこの署名運動だったのでした。

 しかし残念ながら、これまで5000人近い賛同者が集まっていたにもかかわらず、今もって公式の動きはなし。そんな現状を見かねたファンの一部がTwitterでデュボア監督に突撃、「日本でこんな署名が行われているよ」とリプライを送ったところ、デュボア監督の目にとまり、今回の署名に至ったようです。



画像 ホントに監督本人がコメントしてるうううううう!

「私たちの作品が伝統あるアニメーションの国で公開されようとしていることを光栄に思います。日本のアニメーションは私に大きな影響を与えました。特に宮崎駿は私のヒーローです。日本のファンの称賛と情熱に感謝し、少しでも助けになれるよう、この署名に私の名を加えます」(デュボア監督)



 当然、これまで地道に署名運動を続けてきたファンは、この突然のサプライズに大喜び。残念ながら今も劇場公開について配給会社から正式なアナウンスは出ていませんが、今後も累計1万人を目指して署名活動は続けていきたいとのこと。

 いつか活動が実を結ぶ日が来るといいですね……っていうか僕だって劇場で見たいぞ「ヒックとドラゴン2」!!!!


画像 興味を持った人は、ハッシュタグ「#hopehttyd2japan」で検索すると、ファンの熱い「ヒクドラ」愛の数々を目にすることができますよ

池谷勇人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」