ニュース
» 2014年09月08日 22時35分 公開

「ヒックとドラゴン2」日本公開を求める署名運動にまさかの監督本人降臨 → 突然のサプライズにファン大歓喜!

配給会社さああああああん!

[池谷勇人,ねとらぼ]

 映画「ヒックとドラゴン2(仮題 / 原題:How to Train Your Dragon 2)」の日本公開を求める署名運動が現在change.orgで行われているのですが、なんとそこに同作品の監督であるディーン・デュボア氏本人が降臨し、監督自ら署名とコメントを残していくというサプライズがありました。










 前作「ヒックとドラゴン(原題:How To Train Your Dragon)」は、ドリームワークス製作の3Dアニメーション映画。残念ながら日本での興行成績はイマイチでしたが、映画ファンの間では「傑作」「最高!」と評する声も多く、続編である「ヒックとドラゴン2」も日本での公開が心待ちにされていました。

 そして迎えた2014年4月、ついに待望の「ヒックとドラゴン2」が全世界で公開に! ――なったのですが、日本での劇場公開予定についてはアナウンスなし。5月……6月……7月になっても一向に上映される気配はありません。えっ、もしかしてこのままだと日本は劇場公開なしですか!? ちょっとちょっとそんなのヤだよカンベンしてよ! ということで立ち上げられたのがこの署名運動だったのでした。

 しかし残念ながら、これまで5000人近い賛同者が集まっていたにもかかわらず、今もって公式の動きはなし。そんな現状を見かねたファンの一部がTwitterでデュボア監督に突撃、「日本でこんな署名が行われているよ」とリプライを送ったところ、デュボア監督の目にとまり、今回の署名に至ったようです。



画像 ホントに監督本人がコメントしてるうううううう!

「私たちの作品が伝統あるアニメーションの国で公開されようとしていることを光栄に思います。日本のアニメーションは私に大きな影響を与えました。特に宮崎駿は私のヒーローです。日本のファンの称賛と情熱に感謝し、少しでも助けになれるよう、この署名に私の名を加えます」(デュボア監督)



 当然、これまで地道に署名運動を続けてきたファンは、この突然のサプライズに大喜び。残念ながら今も劇場公開について配給会社から正式なアナウンスは出ていませんが、今後も累計1万人を目指して署名活動は続けていきたいとのこと。

 いつか活動が実を結ぶ日が来るといいですね……っていうか僕だって劇場で見たいぞ「ヒックとドラゴン2」!!!!


画像 興味を持った人は、ハッシュタグ「#hopehttyd2japan」で検索すると、ファンの熱い「ヒクドラ」愛の数々を目にすることができますよ

池谷勇人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響