ニュース
» 2014年09月16日 21時34分 公開

巨大なオフ会? ドイツ最大のアニメ・漫画ファンイベント「Connichi」に行ってきた (1/2)

ライブやグッズの販売、そしてアニメ・漫画ファンの友達に会える場所――2万5000人が集うドイツの「Connichi」を取材してきました。

[Kataho,ねとらぼ]

 9月12〜14日の3日間、ドイツのほぼ中央に位置するカッセル市で、ドイツ最大のアニメ・漫画ファンイベント「Connichi」(コンニチ)が開催された。年に1度のファンの集いは今年で13回目。ドイツ全土から2万5000人(3日間のべ)が参加した。

 会場は「コングレス・パレス」という伝統的な建築様式の会議場と隣接するホテルの一部を使用している。

会場の「コングレス・パレス」。会場前の広場もイベント会場の1つ

 コンニチはいわゆるアニメ・コンベンション。ファンによるファンのためのイベントだ。運営母体となるのは、Animexx(アニメックス)というアニメ・漫画ファンのポータルサイト。会場となる建物のホールや会議室、通路を使ってライブや物販など同時進行でさまざまな催し物が実施される。

 メインホールでは日本から招待されたバンド「流田Project」や歌手の織田かおりさんがライブを実施。毎年名古屋で開催されている「世界コスプレサミット」(WCS)のドイツ代表選考会もハイライトの1つとなっている。

織田かおりさんのライブの模様。会場ではライブ参加者のためにライトスティックが販売された
WCSドイツ代表選考会。ボーカロイドはアニメ、漫画、ゲームに続くコスプレの定番

 会議室では日本から来た招待ゲストによるQ&Aコーナーやドイツのファンによるパネルが行われていた。流田Projectや声優の真田アサミさんが来場者からの質問に答えたり、アニメ製作会社トリガーのスタッフなどが製作裏話を披露するなどしていた。

「流田Project」によるQ&Aコーナー
声優の真田アサミさんによるQ&Aコーナー。出演作品への細かい質問が多かった
アニメ製作会社トリガーのスタッフによるパネル。同社のヒットアニメ「キルラキル」の製作裏話などを披露
ロリータファッションを紹介する有志によるパネル。会場には同ファッションのファンもたくさん来ていた

物販エリアには海賊版グッズ対策チームも

 企業や個人のクリエイターのブースが並ぶコーナーや、業者による物販ブースのエリアもある。企業ブースでは、アニメや漫画のドイツ語版を販売する企業のほか、任天堂やフィギュアメーカーのグッドスマイルカンパニーが参加していた。漫画やアニメDVD、コスプレ関連グッズなどが販売されていたが、人気商品はフィギュア。個人クリエイターのブースでは自身のイラストやグッズが販売されていた。

出版社のブースではドイツ人漫画家によるサイン会が開催されていた
フィギュアのショーケース。ポケモンやワンピースは定番の人気コンテンツ

 アニメのキャラクターグッズに関しては、違法にコピーされたものや著作権保有者から許諾を取得していない海賊版の問題もある。コンニチには対策チームがあると聞いたので、少し話を聞いてきた。

 海賊版対策チームを率いるトビアス・トリアントさんによると、5年前から海賊版対策に取り組んでいるという。ファンとしてグッズの販売利益をオリジナル製作者に還元させたいという思いがきっかけとなり活動をスタートさせた。チームの捜査員は会場内のブースを覆面で巡回し、疑わしい商品があると自前のデータバンクで照合する。データバンクには1万点に及ぶ正規品の画像データが登録されているという。

日本の外務省から表彰

 日本の外務省は今年7月、ドイツにおける日本文化の普及に貢献したとしてコンニチ実行委員会に外務大臣表彰を授与すると発表した。日本と諸外国の友好親善関係への貢献に、特に顕著な功績があった個人や団体に贈られるものだ。

 実行委員会で広報を担当するメラニー・ベッカースさんにコンニチの魅力について聞いてみた。

 コンニチの運営はすべてボランティアでみんな楽しんで参加しており、毎年、改善を続けていると話す。ゲストやスポンサーにも支えられており、長く続けてこられた理由の1つだという。今回の受賞に関しても、賞のために何か特別なことをしたつもりはないが、長年の活動が評価されたことはとてもうれしいと語ってくれた。

コンニチ実行委員会で広報を担当するメラニー・ベッカースさん
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ