ニュース
» 2014年09月20日 10時50分 公開

TGS2014:仮想空間を歩ける装置も! ゲームショウはVR機器が花盛り

おなじみのVR(バーチャルリアリティ)ゴーグル「Oculus Rift」や仮想空間内を歩き回れる装置など、ゲームショウではそこかしこでVR機器が体験できる。

[松岡洋,ねとらぼ]

 今回の東京ゲームショウではおなじみのVR(バーチャルリアリティ)ゴーグル「Oculus Rift」をはじめとするVR関連機器がそこかしこでお披露目されていた。

 Samsungのスマートフォン「Galaxy」にOculusの技術を導入したのが「GearVR」。GALAXYをディスプレイとして使う、簡易的なVRゴーグルだ。ゲームエンジン「Unity」のキャラ・UnityちゃんのCandy Rock Starライブステージが楽しめるデモを披露していた。

 このデモはOculus VRの天才エンジニア、ジョン・カーマック氏がGearVRに組み込んだもの。通常のデモはPC側でOculusの姿勢センサーに応じたシーンを生成してOculus Riftに表示しているが、GearVRのデモはスマートフォンの限られた性能を限界まで引き出すことで実現した。

左からCandy Pop Starを作成したUnityの大前氏、ntny氏、Candy Pop Starを歌った声優の角元明日香さん
GearVRを体験する角元明日香さん

 Oculus Rift体験はOculus VRブースのほかにも電撃オンラインブースでもできるが、衆人環視の下なので覚悟しておこう。

Oculusブース
電撃オンラインブースでは水着の女の子とキャッキャウフフできる「PLAYGIRLS」を体験可能(※後ろで待っている人には見ている画面が筒抜け)

 CyberithブースではVirtualizerも体験できる。歩行器のような形状で、腰の部分をハーネスでセンサーと結合し、すり足で歩くことで仮想空間内を歩き回ることができる。現在はクラウドファンディングの出資者に向けて順次出荷を開始したところで、一般の製品としての出荷は来年夏ごろから開始されるとのことだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた