ニュース
» 2014年09月20日 11時47分 公開

「International Party+Indie Night」参加者に話を聞いたTGS2014

スウェーデンからの参加者も。

[松岡洋,ねとらぼ]

 今回の「東京ゲームショウ2014」ではソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)がインディーゲームをサポートしており、世界各国からインディーゲームメーカーが参加している。ビジネスデー終了後、これらインディーゲームメーカーとの交流パーティー「International Party+Indie Night」が開催されたので、参加者に話をうかがってきた。


画像

画像

画像

 スウェーデンのイエーテボリ市からやってきたのはプログラマーのお二人で、ほかにデザイナー2人の計4人でiOSとAndroidのゲームを開発とのこと。2人とも子供のころに日本のゲームに夢中になり、自分たちの作品もスーパーマリオなどからとても強い影響を受けていると語っていた。

 手元に写っているゲームはセリフも含めて現在日本語版のテストを行っており、自分たちの憧れだった日本でリリースできるのを楽しみにしているとのことだ。


画像

 こちらは日本のポップカルチャーの情報を海外に配信している「Tokyo Otaku Mode」のメンバー。世界中からアクセスがあり、最近は南米やロシアからのアクセスが多くなっているとのこと。やはり経済的に安定してくると日本のコンテンツへの需要が芽生えてくるようだ。Tokyo Otaku Modeの収益源である通販事業ではGDPの高い国からの注文がメインで、途上国で収益を上げる難しさが伺えた。


画像

 Tokyo Otaku Modeは今回の東京ゲームショウにもブースを出展しており、漫画「大東京トイボックス」の原画展示が行われている。最終日の21日には「大東京トイボックスの作者・うめ先生のトークショー&サイン会も行われるので注目だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」