ニュース
» 2014年10月14日 20時30分 公開

世界が注目する“自撮り棒”、サンコーから にょいーんと伸びて100センチ先から撮影可能

韓国ではセルカ棒として人気のアイテム。iPhone6 Plus対応の新型が登場しました。

[ねとらぼ]

 サンコーは10月14日、スマートフォンに取り付けて撮影できる「手元でシャッター! スマホ用自分撮りスティック」の販売を開始した。価格は3280円(税込)。


画像 「何してるのかな?」「自撮りです」

 先端のホルダーにスマートフォンを取り付けると、手元のボタンでシャッターを切れる。スティックのサイズは約25センチ〜100センチ間(6段階)で設定でき、ホルダー部分も角度調整可能なため、さまざまなアングルから撮影できる。


画像 らくらく撮影♪

画像 ボタン

画像 本体

 ホルダーはiPhone6 Plusのような大きいサイズから、三脚穴のあるデジタルカメラまで対応。スマートフォンとはBluetoothで接続し、microUSBで充電する仕組み。重量は139グラム。

 こうしたコンセプトのアイテムは、韓国では「セルカ(自撮り)棒」と呼ばれ、今夏一大ブームになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた