ニュース
» 2014年10月15日 15時24分 公開

ヒトとロボット、どっちに接客される方がうれしい? ヒト型ロボット「NEXTAGE」にコーヒーを入れてもらった

ロボットが入れてくれたコーヒーおいしかった。

[太田智美,ねとらぼ]

 10月15〜17日に東京ビッグサイトで開催されている「Japan Robot Week 2014」。そこで、次世代産業用ロボット「NEXTAGE(ネクステージ)」が展示されていた。ブースに多くの人が集まっていたので、のぞいてみるとなぜかカフェのメニューが?


画像

 !!!!!

 もしかして、ロボットがコーヒー入れてくれるの!? 何これ!


画像

 筆者も注文してみた。



 な、なんと!!

 あの丸っこい容器に入ったコーヒーミルクも、コーヒー用の細いスプーンも、細いうえに若干ふにゃっとしてるあのスティックシュガーもぜーんぶつかんだーーー!(最後ちょっとカゴが倒れたのはご愛敬♪)

 そして出てきたのがこれ。


画像

 ロボットがコーヒーを入れてくれる時代が来たのですね。めでたしめでたし。


 と、ここで終わりではない。聞けば、このロボットは「ヒトと一緒に働くロボット」。接客をするのはあくまでも人間、その裏でスタッフとして人間と一緒に働くのが「NEXTAGE」なのだという。

 「NEXTAGEはあくまでもバックヤードで働くロボットです。例えばカフェで『ロボットがコーヒーを入れてくれる』となれば、始めのうちは目新しく、ヒトの興味を引くかもしれません。面白いけれど、人間が本当にうれしいのはどっちでしょうか?」(川田テクノロジーズ 広報室長 佐藤裕二氏)。

 例えば今、オフィスの受付にヒトではなくロボットを置くというような取り組みを目にすることがある。しかしそれは「電話が置いてあることと似ている」と佐藤氏は考えている。つまり、ヒトがNEXTAGEに直接接客されるのではない。NEXTAGEは「お客さんのためのロボット」ではなく、「一緒に働くスタッフのためのロボット」なのだ。

 NEXTAGEがヒト型をしているのも、それが理由。一緒に働くスタッフがロボットの動きなどを感覚的に理解できるように、また、NEXTAGEに仕事を教えやすいようにヒトの形をしているという。ロボットに詳しくないスタッフでも仕事を教えられるよう、ビジュアル操作できるのも特徴だ。


画像

 「サービス業におけるヒト型ロボット」と聞くと、どうしても「対 お客さん」のイメージを抱いてしまう。しかしNEXTAGEはそれとは異なる「一緒に働くスタッフのためのヒト型ロボット」だった。

 一見派手な展示の裏に、なるほどという視点が隠れていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響