ニュース
» 2014年10月15日 21時10分 公開

革命か、それとも……空気で雨を弾き飛ばす見えない傘「Air umbrella」がヤバい

Kickstarterで出資を募っています。

[ねとらぼ]

 中国の研究チーム・Air umbrellaが、空気で雨を吹き飛ばす傘「Air umbrella」を発表し、製品化に向けてクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で出資を募っています。


画像 ほんと!?

 「Air umbrella」は、スティックの先端部分から空気を射出して雨粒を飛ばす“見えない傘”。カバー範囲は直径1メートル以上で、雨が強くない場合はもっと広範囲になるそうです。作動音は「雨音の方が大きい」とのこと。


画像 試作機。何かに似ている

画像 弾いた!?

画像 仕組み

 気になる「周りの人が濡れるのでは?」との疑問には、「ほとんどの雨粒は50〜70センチほど飛散する。一定の距離をあけるか、または傘をさしていれば問題ない」「近距離で傘がない人は影響を受けるが、雨の日に傘がない場合はどのみち濡れる」と説明しています。ちなみに、「Air umbrella」ユーザー同士では、「肩幅以上の距離があれば大丈夫だが、近いと空気の流れが乱れて雨粒がかかる」とのことでした。

 ネックは稼働時間で、通常タイプが約30分、小型タイプだと約15分。充電(フルで約30分)すれば再使用できますが、この仕様により「都市在住者か車を持っている人に向いている」としています。サイズの詳細は下記のとおり。


画像 Cタイプ

Aタイプ:女性向け。長さ30センチ、重さ500グラム、バッテリー約15分。

Bタイプ:標準サイズ。長さ50cm、重さ800グラム、バッテリー約30分。

Cタイプ:伸縮可能版。長さ50〜80センチ、重さ850グラム、バッテリー約30分。

 研究チームは、北京大か南京大で航空宇宙学を学んだメンバーが大半で、2012年から開発・改良を進めているそうです。今回のプロジェクトでは、締切まで9日を残して目標を大きく上回る2万6000ドルが集まっています。出資は10月15日時点で、Aタイプが133ドル、Bタイプが143ドル、Cタイプが153ドルから受け付けています。

 ただし、現状はまだ試作機の段階で、出資者に製品が届くのは2015年12月になる見込み。一応条件には「2015年末までに発送できなかった場合は、2016年1月末までに全額返金する」とも記載されているので、可能性を感じた方はチャレンジしてみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン