ニュース
» 2014年10月16日 13時18分 公開

会長何やってるんですか 68歳の会長みずからウミガメの産卵シーンを熱演した「どっさり豆どらやき」のPR動画がどう見てもホラー

お、追いかけないでくれ〜!

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 大阪の和菓子メーカー・茜丸が、8月に発売した「どっさり豆どらやき」のプロモーション動画として、「【ちょっと閲覧注意】砂浜ヤバイ」を公開しました。

 感動的なウミガメの産卵シーンの再現を通じて、産みの苦しみを伝えるという趣旨。ですが、68歳の茜丸の会長がウミガメを演じ、「どっさり豆どらやき」を産むという内容になっており、どう見てもホラーな仕上がりに。最終的には「茜丸、食べてやー!」と叫ぶウミガメが、近くにいたカップルを追いかけ回す展開になっています。


感動的なウミガメの産卵シーンを再現! 別の意味で鳥肌と冷汗が止まらない

画像 「あれ、なんか動いてる。ちょっと行ってみる?」

画像 今にも卵を産みそうなウミガメ 「がんばれ! がんばれ!」

画像 「すっご〜いどっさり産まれてるよ!感動〜」「これ、なに?」

画像 !?

画像 「茜丸食べてや〜!」 「キャー!」「う、うわー!!」

 リアルな産みの苦しみを追求した撮影は深夜にまで及びました。会長はウミガメの演技を磨き、産卵シーンを徹底再現。ウミガメの気持ちになるべく、撮影プロデューサーまでウミガメの格好に。あんまりどら焼きと関係ない気もしますが、体張ってますね!

 「どっさり豆どらやき」は、茜色の看板商品である「茜丸五色どらやき」の“もっと豆にこだわったリッチ版”を目指して開発されたもの。こしあんの中に金時、白小豆、うぐいす豆などの5種類の豆が入っており、粒あんとは違う味わいになっています。価格は184円(税込)。

 豆の食感が楽しめるよう、豆の炊き時間や砂糖を入れるタイミングなどを試行錯誤。ふんわりした生地を作るために、従来の卵に平飼い卵を配合するといった工夫を重ねて作られた商品です。プロモーション動画も「どっさり豆どらやき」も本気なんですね!


画像 産みの苦しみを乗り越えて誕生した「どっさり豆どらやき」 う、うつくしい……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  6. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  7. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  8. /nl/articles/2107/14/news145.jpg 安田美沙子、4歳長男&1歳次男を乗せた電動自転車が転倒 居合わせた通行人に助けられる「ほんとに、ほんとに救われました」
  9. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  10. /nl/articles/2205/27/news090.jpg “良いテーマパークなのに人がいない”と話題の「志摩スペイン村」に行ってみたレポ漫画が楽しそう 「待たずに乗れる」「キャストのファンサがすごい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響