ニュース
» 2014年10月22日 17時38分 公開

「噛む」ことに特化したウェアラブルデバイス、ロッテから登場

かむかむかむかむ。

[太田智美,ねとらぼ]

 ロッテは10月21日、「噛む」ことに特化したウェアラブルデバイス「RHYTHMI-KAMU(リズミカム)」を発表した。


画像 噛むと光るイヤホン

 リズミカムは、イヤホン型デバイスを耳に装着することで咀嚼(そしゃく)運動を計測。さらにアプリと連動することでデータを保存・可視化し、日々の咀嚼活動を振り返ることができる。

 また、リズミカムには音楽を再生する機能も搭載。素早く2回噛むと音楽が再生され、再び素早く2回噛むと音楽を停止できる。なるほど遠隔操作も可能なデバイスだったとは!!

 開発には、広島市立大学大学院 情報科学研究科システム工学専攻講師の谷口和弘さんや、東京歯科大学 スポーツ歯学研究室 主任教授の石上惠一さんをはじめとする専門家も協力しているとのこと。

 なお、今回発表されたイヤホン型デバイスはプロトタイプで、今後は大学などと連携して研究活動などに利用される予定。商品化については未定だが、視野に入れて検討していきたいとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声