ニュース
» 2014年10月22日 20時51分 公開

自炊代行業者業者を訴えた訴訟 知財高裁でも作家側が勝訴

作家が自炊代行業者を訴えていた裁判で、二審でも作家側が勝訴した。

[ねとらぼ]

 作家が書籍スキャン代行業者に著作権侵害行為の差し止めを求めて起こしていた訴訟で、知的財産高等裁判所(知財高裁)は作家側を支持する判決を下した。

 この訴訟は浅田次郎さん、大沢在昌さん、永井豪さん、林真理子さん、東野圭吾さん、弘兼憲史さん、武論尊さんを原告として2012年に東京地裁で業者7社とその代表者に対して起こされた。2013年に地裁は著作権侵害行為の差し止め請求と損害賠償を認め、原告の勝訴となった。

 その後、控訴をしなかった業者、控訴を取り下げた業者を除いて1社(ドライバレッジジャパン:サービス名「スキャポン」)とその代表者に対して知財高裁で審理が行われていた。これについても業者側の控訴が棄却され、原告の勝訴となった。

 書籍スキャン代行業者、いわゆる「自炊代行業者」は、紙の書籍を裁断・スキャンして電子化する行為を代行する業者。ユーザーが自分で個人利用のために書籍をスキャンすることは「私的複製」として認められているが、自炊の代行は私的複製として許容できないとの見解がある。

 原告側弁護団は「無許諾の書籍スキャン事業は違法であり、事業には権利者の許諾と公正なルールの遵守が必要となる旨、第一審判決に続き、知財高裁での本判決においても明確に示されたことには大きな意義があると考えます」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む