艦これ艦娘“艦歴的”プロフィール「武蔵」編現役のときは大和より目立っていました

扶桑姉妹で盛り上がる2014年の10月24日。でも、70年前のちょうど今頃、シブヤン海である娘が死期を迎えていたのであった。

» 2014年10月24日 23時06分 公開
[長浜和也,ねとらぼ]

栄誉なことなら任せておけ

 戦艦「武蔵」は、大和型2番艦にして長崎三菱造船所の生まれ。就役は1942年8月5日とガダルカナル作戦が始まる2日前だ。“秘密兵器”なのに民間の造船所で建造しただけでなく、急斜面に囲まれた造船所で巨大な戦艦を作り、進水のときはあふれた海水が高波となって対岸を襲うなどなど、その存在感は長崎市中に轟いていた。実際に長崎市の地形を知っていると「よくこの土地で巨大な船を秘密で作ろうと思ったなあ」とその神経の太さにびっくらこくだろう。

 戦争が終わって姉の大和は何かと有名になったが、最有力戦艦に求められる司令部設備などは武蔵が優れていたため、就役後は連合艦隊旗艦を大和から引き継ぎ、戦死した山本五十六海軍大将の遺体帰国や昭和天皇行幸の栄誉に浴するなど、儀礼的な名誉職の経歴は大和より豊富だったりする。

 大和との違いは、対空兵装にあって、中央部の左舷と右舷にあった15.5センチ3連装副砲を撤去した後、大和が12.7センチ連装高角砲を12基(片舷あたり3基2段配置)だったのに対して、武蔵は片舷あたり3基の6基搭載にとどまり、不足分は25ミリ3連装機銃を片舷3基両舷6基搭載した。

 武蔵が艦隊に所属したとき、ガダルカナル作戦はその結果が見えており、その後、作戦に出撃する機会もなく、最後のレイテ沖海戦でもシブヤン海で航空攻撃を受けて沈んでしまうため、サマール沖で敵艦隊に主砲を撃つこともできなかった。

 太平洋戦争に参加して敵水上艦船を砲撃することなく沈んだ戦艦は武蔵のほかに「陸奥」「伊勢」「日向」がいる。ただ、武蔵は大規模作戦に参加することも少なく、「もしかすると敵戦艦と撃ちあったかも」という可能性もほとんどないままだった。その最後も、シブヤン海で敵の攻撃をほぼ一手に引き受けて、いつまでもしぶとく戦ったが、しかし、大和の劇的な最後の出撃に比べると知る人は少ない。これが、戦後において大和のような存在感を示すことができず、宇宙戦艦にも進化できなかった大きな理由なのかもしれない(違。

ボートウォーゲーム「太平洋艦隊」(ホビージャパン)に登場する日本海軍艦艇を並べてみる。左から「大和」「武蔵」「比叡+霧島」「高雄+愛宕」「夕雲型詰め合わせ」だ。大和と武蔵は1隻1ユニットの特別扱いで、戦闘力もべらぼうに高い(シルエットのない裏側にある左の値)が、出撃するときに必要な補給ポイントもべらぼうに高い(同じ裏側にある右の値)ので、戦況によっては効率のいい駆逐艦ばかりが出撃して、武蔵は“空気”になっていく

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  2. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
  3. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  4. /nl/articles/2403/02/news015.jpg 生後2カ月赤ちゃん、ミルクを飲むとなぜか“信じられないほどカメラ目線”に かわいすぎる目力に「懐かしい〜」「たまらん!」
  5. /nl/articles/2308/13/news007.jpg 脱皮に失敗したセミを助けたら…… “ありえない姿に大変身”した姿に感嘆の声「驚きました」「貴重な映像」
  6. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  7. /nl/articles/2403/01/news028.jpg 伝説の魚・タキタロウと出会い“人生が狂った”学生、驚きの現在が117万表示 数奇な運命に「ロマンだ」「釣りキチ三平世代には憧れ」
  8. /nl/articles/2309/27/news019.jpg 最大2キロ超の“高級カニ”が千葉で大発生!? 浜名湖の名産を都会のドブで「開始1分」採取、食す様子に反響
  9. /nl/articles/2403/02/news023.jpg 世界を旅する女性サックス奏者、外国の路上で演奏していたら…… 驚きの超展開が560万再生「音楽に国境はない」「すごい出会いと巡り合わせ」
  10. /nl/articles/2403/02/news008.jpg 赤ちゃんに、パパが本気で「モンスターズ・インク」のサリーのまねをしたら…… “100点満点”の反応が「めっちゃ可愛い」「そっくり!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」