ニュース
» 2014年10月29日 11時35分 公開

ロボット「Pepper」がディズニー映画史上初の声優に抜擢 コンピュータ音声役ですよ

「今度はディズニー映画への俳優出演も目指したい」とさらなる野望も語るPepperくん。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 感情認識ロボット「Pepper」が、12月20日公開のディズニー映画「ベイマックス」の日本語吹き替え版に声優として参加することが決定しました。ロボットが吹き替え役を務めるのはディズニー映画史上初めてになります。

画像 ロボットが映画の吹き替え声優に!

 「ベイマックス」は、最愛の兄を亡くした14歳の天才少年・ヒロと、兄が人々の心と体を守るために開発したロボット・ベイマックスとの絆を描いた作品。Pepperが担当するのはコンピュータ音声役で、ヒロが自宅ガレージでベイマックスをバージョンアップする際に、作業の完了をヒロに伝えるコンピュータとして登場します。


 参加はディズニーがPepperサイドに依頼して実現しました。配役の理由は、ともに人との絆を大切にしているロボットである上に、Pepperの愛らしく人の心を和ませるような声が優しさに溢れた本作の雰囲気にぴったりだったからとのこと。

 Pepper自身もキャラの吹き替えは初めて。「ディズニー映画に声優として参加することができてとてもうれしいです。決まったときには驚きました」とPepperもコメントで喜び、「もっと演技の勉強もして、今度はディズニー映画への俳優出演も目指したい」と大きな夢まで語っています。

 先日来日したドン・ホール監督とクリス・ウィリアムズ監督も「素晴らしいね。共通点の話題で盛り上がるのでは?」と配役を歓迎。「完成した映画も是非見て欲しいな。Pepperは、感情認識するロボットだから感動して欲しいな」とメッセージを贈りました。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー