ニュース
» 2014年11月03日 13時20分 公開

活字鋳造を残したい 平成生まれが「活字」を産み出す「自動活字鋳造機」に心奪われたいまだからこそ(2/2 ページ)

[與座ひかる,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

活字ができた! 文字を並べる「文選」へ

 1文字ずつ量産される活字、出来上がったら活字を棚からピックアップして、必要な文字通り並べる「文選」という作業が入ります。1階に下りると、収納された活字達が!

活版印刷 「つ」がいっぱい! 

 「じゃあ試しに自分の名前を拾ってみましょうか!」と佐々木さん。「憧れの活字で自分の名が!」と心躍らせる参加者一同。あれ……でも拾うとなると……?

活版印刷 こ、この中から?????

活版印刷 いやああああああああああああああああああ

 活字は部首順に収納されていて、よく使う活字は「大出張」という取り出しやすい位置に、次によく使う活字は「小出張」と呼ばれる場所に収められています。また、あまり使用頻度の高くない活字が入った棚は足元に設置されており「泥棒」と呼ばれます(座った状態で拾う様子が泥棒に似ているため)。……と探すのにすごくコツがいる作業で、たったの5文字を拾うのにとても時間がかかりました。

活版印刷 活字を拾う「文選箱」。プロはすごいスピードで拾うそうです

「活字」でしか表現できない味わい

 いま、佐々木活字店で活字を作る職人は佐々木さんただ1人。機械を動かすこと自体は電源オンで誰でもできますが、鋳型の交換、鉛の出るスピードの調節など、活字作りには昭和産まれの鋳造機達と向き合う微細な技術が求められます。

 「活字鋳造は機械頼りなので、保存するっていうのは本当に難しい。でもいまは、無いものをどうしようと言う話よりも、あるものを残していこうっていう気持ちが大きいです」と語る佐々木さん。

活版印刷 宮沢賢治「春と修羅」の活字組版。 実物は胸をえぐられるようなかっこよさでした

活版印刷 自分で拾った活字はお土産にいただきました!

 最近では、活字や活版印刷の良さが見直され、名刺やブックカバーの受注が多くあるそうです。

 一度見たらなぜか心を掴まれてしまう活字。佐々木活字店さんのWebサイトでは書体見本、導入機器の紹介が見れるほか、Facebookページから見学会の予約も受け付けています。大人だけではなく、インターネット世代のみなさんもめくるめく活字の世界に惚れぼれしてしまうこと請け合いです! ぜひ足を運んでみてください。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響